神奈川区版 掲載号:2016年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

鶴屋町 飲食店専門ビルが誕生 ”食”視点でまちづくり

経済

(写真上)既に多くの利用客が集う、「光の塔」をイメージしたビル(写真左)ビール片手に意気込む山田社長
(写真上)既に多くの利用客が集う、「光の塔」をイメージしたビル(写真左)ビール片手に意気込む山田社長
 横浜市や民間企業の手によって大規模な再開発が一歩ずつ進められている横浜駅周辺エリア。中でも鶴屋町の一角にあたる「横浜駅きた西口鶴屋地区」は、複合商業施設と外国人向け住居が合わさった地上44階建ての高層ビルが2021年に建設される予定など、国際都市横浜の玄関口にふさわしい多様な都市機能が集まるエリアとして生まれ変わりつつある。

 その動きに勢いをつけるかのように、モダンで一際目を引くビルが同地区に隣接する場所に先月オープンした。飲食店専門ビル「エフテムビルNo.1」だ。

「横浜一のグルメ街に」

 3月24日にグランドオープンした同ビル。管理する(株)エフテムの山田永周社長は、鶴屋地区街づくり協議会のメンバーでもある。同エリアのテーマだという”光”にあわせたビルの外観は「イメージは『光の塔』。街のシンボルになれば」と思いを語る。

 周辺にある系列ビル2棟を含め、仕事帰りのサラリーマンでにぎわう鶴屋町を”食”で盛り上げている山田社長。自ら「鶴屋うまいもん横丁」(ツル横)と名付けた4階建てのエフテムビルNo.1は、以前経営していた飲食店の老朽化も相まって、4店舗分を取り壊して建てられた。横丁の名のとおり、飲み歩き感覚で3方向へ通り抜けられる1階には、軽く一杯引っかけるにはもってこいのからあげやたこ焼きの専門店のほか、A5ランクの国産牛が味わえる”立ち食い焼肉”の有名店「治郎丸」や無農薬野菜にこだわるイタリアンバルなど6店舗が並ぶ。2〜3階には150種類以上のクラフトビールがそろう「クラフトマン」や昔懐かしい和風居酒屋、焼き鳥専門店の3店舗。今後さらに2店舗がオープンする。

 山田社長は「横浜駅は飲食店舗1軒あたりの乗降客数が世界第1位。ここ鶴屋町を横浜一のグルメタウンにしたい」と、”食”視点でのまちづくりに意欲をみせている。

8/24家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6件

年齢、障害、”枠”超える35人展

「真夏の悪夢」に観客湧く

おやじダンスが盛況

かなっくホール

おやじダンスが盛況

8月16日号

がんと闘う人にプロレスを

神遊協ら

がんと闘う人にプロレスを

8月16日号

法律との整合性検討

受動喫煙対策の県条例

法律との整合性検討

8月16日号

西日本豪雨で募金活動

中央市場LC

西日本豪雨で募金活動

8月16日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

年齢、障害、”枠”超える35人展

年齢、障害、”枠”超える35人展

市内在住・吉田さんら企画

8月24日~8月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク