神奈川区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

「コットンみらいロード」開通 住人の利便性向上、安全面も

社会

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
歩行者用通路の開通を祝う式典の様子
歩行者用通路の開通を祝う式典の様子

 コットンハーバー地区の住民らが長年切望してきた、同地区から中央市場通りに繋がる歩行者用通路「コットンみらいロード」が開通し、6月10日に記念式典が開かれた。これにより近隣住民らの交通の利便性が高まり、生活道路としての役割を果たすことが期待される。

 コットンハーバー地区はかつて、工場や造船所が集まっていたエリアで、現在は再開発によりタワーマンションやショッピング施設などが建ち並ぶ。中央市場の東隣に位置しているものの、これまで歩行者や自転車は中央市場通りに直接抜ける道がなかったため、同地区から中央市場通りに出るには国道15号線を経由するという大回りを強いられていた。また、朝や夕方などの通学・通勤時には多くの通行者で渋滞し、車道を歩く人の姿も見られていた。

10年来の要望、実現へ

 こうした状況を改善しようと、住人らは10年以上前の入居当初から中央市場通りに抜ける通路の確保を模索。歩行者用通路の開通に向け、市中央卸売市場通り商店街の小山正武会長が音頭を取り、コットンハーバー地区の2自治会や管区組合、町内会、郵便局らとともに、2016年から国土交通省・市・区に対し要望書を提出するなど尽力してきた。

 こうした甲斐もあり、通路開通にこぎつけた。通路の幅は2〜3m、長さが約300mで、通路の周囲には高さのあるフェンスも設置された。歩行者だけでなく犬の散歩や自転車を降りての利用もでき、近隣住民の利便性と安全面が向上するだけでなく、災害が発生した場合の防災経路としても活用できる。

 これまで力を注いできた小山会長は「住民の要望でこのように実現するのは全国的に稀なことだと聞いた。前区長・副区長をはじめ多くの方の協力でできたこと。便利になるだけでなく、コットンハーバー地区に住む子どもたちや住民の皆様の安全面にも役立つと思う」と喜びを語った。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

古眼鏡をタイに寄付

六角橋メガネの太田

古眼鏡をタイに寄付 社会

現地へ届け20年間

10月17日号

羽沢小6年生が新駅視察

羽沢小6年生が新駅視察 教育

まちの変化テーマに

10月10日号

傷病人の命、住民が救う

七島町

傷病人の命、住民が救う 社会

長谷川さん、藤原さんに表彰状

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

防犯栄誉金章を受章

旭ケ丘在住岡田孝さん(83)

防犯栄誉金章を受章 社会

長年の功労に光

10月3日号

「my防災マップ」作成

神奈川区

「my防災マップ」作成 社会

10月中旬めどに全世帯配布

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク