神奈川区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

陽光院の住職として、仏教に親しめる企画を多数開催している 西山 修浩さん 三ツ沢中町在住 41歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

斬新さの中に伝統も

 ○…36歳の若さで一寺の住職になり5年目。先代の没後、住職不在の状態が続いた陽光院を盛り立てようとやって来た。生い茂る木々や散乱する物を整えたほか、檀家や近隣住民に寺への親しみを持ってもらおうと座禅会・本堂清掃・落語会・仏教本が読める喫茶など新たな催しを様々企画。釈迦の誕生を祝う花まつりでも、釈迦を模したバルー制作講座を開くなど若々しい感性を活かす。「今までのお寺にないことをやってきたけれど、最近は基本に立ち返る大切さも感じている。今後は写経会や朝のお勤めに参加できる催しなど、心を養えるものも行っていきたい」と思いを語る。

 ○…実家は高島台の本覺寺で3男。中学から仏教学校に進んだが、当時は僧侶になる意思はなかったという。大学では社会の仕組みを知りたいと社会学を学び、一時は就職して営業職に就いたが、自身に合うのは仏門だと感じ25歳で僧侶への一歩を踏み出した。

 ○…この道に入りまず経験したのが、寺での2年間の修行。寝るのも食事をするのも作法がある厳しい世界に、「最初は大変さを感じた」と懐かしむ。その後実家に戻り法事などを手伝う中で、もっと檀家の気持ちに寄り添いたいとの思いが芽生え、仏教の研修センターや心理カウンセラー学校に足を運んだ。若手の僧侶が集う場所に赴き、音楽フェスでのワークショップや仏教雑誌の取材・編集にも携わった。

 ○…癒しのひと時は、妻と3歳の息子との散歩。「ギターを弾きながら童謡を歌うこともある」と恥ずかしそうに話す。座右の銘は「何かを成し遂げるには人の2倍やらなければならないけれど、その成功のために何かを失ってはならない」。「家庭を持ってから身に染みる」と話す姿に家族への愛情がにじんでいた。
 

神奈川区版の人物風土記最新6

今井 憲さん

9月2日、3日に開催されたナポリのピッツァコンテストで優勝した

今井 憲さん

片倉町在住 41歳

10月17日号

松永 武司さん

区民まつりで初演武を披露する「櫻空横浜空手部神大寺支部」で支部長を務める

松永 武司さん

神大寺出身 68歳

10月3日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月26日号

金子 斐さん

区内の子育てママ合唱団「マミムジカ」で代表を務める

金子 斐さん

六角橋在住 32歳

9月19日号

小泉 孝介さん

中学男子柔道81kg級で全国3位となった

小泉 孝介さん

六角橋中3年

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク