神奈川区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

菅田町在住原田敬さん オルゴール制作し20年 編曲ソフトで独自研究

文化

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
編曲ソフトで曲カードを作る原田さん
編曲ソフトで曲カードを作る原田さん

 菅田町在住の原田敬さん(61)は約20年間、一から「オルガニート(手回しカード式オルゴール)」の制作を行ってきた職人。長年の独自研究により、曲カードを作る際に欠かせないパソコン用編曲ソフトやカードに穴をあけるパンチ機器の制作、オルゴールの調律に至るまで、”ありそうでなかったもの”の数々を作り上げてきた。

 原田さんがこの道を歩むきっかけは、サラリーマン時代にオルゴール事業部に配属されたこと。名産地のひとつである長野県諏訪で技術を磨き、40代の若さで独立し自宅でオルゴール制作・修理に専念するようになった。

 当初はオルゴールに注目が集まっていなかった頃。そんな中でも原田さんは楽しさから制作に明け暮れ、この活動を知った反町在住の宮本由利子さんとともに編曲作業なども行うようになった。

 最初は全て手作業だったが、パソコンで曲カードを作れる編曲ソフトがあれば一般の人も手軽に制作できる。そこで、もっと親しんでもらえるのではと思い立ち、研究を重ねて独自のソフトを作り上げるなど「裏方」として業界を牽引。この他にも、音を奏でる機器の歯を砥石で削って調律を行ったり、今では一般的ではないが美しいハーモニーを奏でられる音律・純正律を用いたり、通常20個のみの音で表されるものの音域を広げ黒鍵の音まで再現できる33個バージョンを新たに手掛けるなど、市販には”ありそうでなかったもの”を意識した独自性と、繊細かつ丁寧な仕事ぶりで顧客たちを魅了してきた。

 この仕事の醍醐味を原田さんは「誰よりも早く自分の手掛けた音を聞けること」と話す。「私が同じように作っても音はそれぞれ微妙に違うのだから、それこそ100人が作ったら100通りのものが出来上がる。今後自分もやってみたいという人が出てきてくれたら嬉しいね」と微笑む。

 原田さんのオルゴールはHP(【URL】http://www.01.246.ne.jp/~ttha/)で購入可。

神奈川区版のトップニュース最新6

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

消費増税「影響わずか」

大口通商店街六角橋商店街

消費増税「影響わずか」 経済

ポイント還元後に不安も

11月14日号

決戦は24日の最終戦か

横浜FC

決戦は24日の最終戦か スポーツ

J1昇格へ残り3節

11月7日号

地元農作物でジュース作り

羽沢町の 就労支援施設

地元農作物でジュース作り 社会

農業と福祉の連携めざす

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

「都シチウ」が復活

島田橋やぶ

「都シチウ」が復活 文化

創業100年契機に

10月31日号

「新聞名古屋城」を制作

「新聞名古屋城」を制作 社会

神奈川工業定時制の4人

10月24日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク