神奈川区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

神奈川区 「my防災マップ」作成 10月中旬めどに全世帯配布

社会

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
完成したマップを持つ区職員
完成したマップを持つ区職員

 自分の住むまちの災害リスクを知ってもらおうと、神奈川区はこのほど、防災マップを一新した。各家庭でオリジナルの「myマップ」を作成・保管できる仕様となっており、10月中旬をめどに区内12万6千世帯に配布される。

 神奈川区は「平成30年7月豪雨」を受け、5年前に配布された「防災マップ」のリニューアルを行った。

 災害による被害を軽減するためには、自分の住むまちの災害リスクを知ることが重要だ。そこで区は4月から、民間企業と連携して「自分でつくるmy防災マップ」の作成に着手した。

ファイル式で保管

 新マップは、これまで個別に作成されていた津波や洪水、土砂災害などの危険箇所や避難所などの防災情報を集約した、区独自のハザードマップだ。同封シールを防災マップに貼ることで、自分が避難するべき避難場所や危険箇所がひと目でわかる工夫が施されており、マップを持つ人それぞれの住む地域の特性に合わせたオリジナルの防災マップが出来上がる仕組みとなっている。

 いざという時に役立つ行動指針や災害用伝言ダイヤルなどの情報を掲載した「防災情報ファイル」に入れて保管するため、マップだけでなく他の防災情報を一冊にまとめることができる。マップは9月下旬から10月中旬にかけて区内の全世帯に配布される。

 区総務課の担当者は「シールを貼ることで防災意識を高めてもらい、いざに備えてファイルで保管してほしい」とマップ活用への期待感を示した。

神奈川区版のトップニュース最新6

「もの忘れ検診」開始

横浜市

「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上対象に無料で

2月13日号

「電気火災」が増加

出火原因消防まとめ

「電気火災」が増加 社会

火使わない機器にも注意を

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

「奮闘努力」全国で結実

横浜創英高校バトン部

「奮闘努力」全国で結実 スポーツ

ダイナミックな演技が高評価

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

1月30日号

「トップ10入り目指す」

横浜FC

「トップ10入り目指す」 スポーツ

13年ぶりのJ1舞台

1月30日号

「がん情報ギフト」を寄贈

神奈川RC

「がん情報ギフト」を寄贈 社会

60周年記念で5図書施設に

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク