神奈川区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

六角橋自治連ら 1人暮らし学生 食で支援 市社協に協力 109人に7日分

社会

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
食料を袋に入れる学生
食料を袋に入れる学生

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入が減るなど経済的に困窮している1人暮らしの大学生を支援しようと、六角橋自治連合会や横浜市社会福祉協議会などが6日、109人分の食料を無料で配布した。寄付金で購入した米や企業から提供された缶詰、飲料など約7日分を用意。受け取った学生らは口々に「生活が苦しいなか、とても助かる」と感謝した。

 食に困っている人への支援として、市社協のボランティアセンターが取り組む「ヨコ寄付」で集まった個人からの寄付金を活用し、フードバンク団体や企業から募った食料をセットにして提供。神奈川大学の学生ボランティア活動支援室と、六角橋自治会連合会、横浜市六角橋地域ケアプラザなどで作るまちづくり団体「まち×学生プロジェクト」が協力し、「まち”SHOKU”」と題して運営に当たった。

 開始時刻の午前10時を過ぎると、事前に応募フォームから申し込んだ神奈川大生と横浜国立大生が会場の六角橋公園プール集会所に続々と姿を見せた。市社協の担当者によると、用意数の80人分を大きく上回る応募があったことから、急遽食料を追加で調達したという。

 学生証を提示して受け付けを済ませた学生は、運営スタッフから「何年生ですか」「大変だけど頑張って」と言葉を掛けられながら、2kg入りの米やカップ麺、缶詰、菓子などをビニール袋に詰めていった。

 神奈川大学院2年の佐塚将太さんは、イベント関係の派遣バイトが3月から激減。「研究用の書籍を購入する費用もかさみ、生活は厳しい」とこぼし、「食事面でも切り詰めて生活しているので、無料で食べ物をいただけて良かった」と笑顔を見せた。みなとみらいの観光土産店で働く橘有咲さん(同大3年)も、観光客の減少に追い打ちをかけるように勤務先が休業。緊急事態宣言の解除後も客足は戻っておらず、「講座の受講費や資格の取得費といった出費もあるので正直不安」と打ち明けた。

地域で支える

 六角橋地域は、まち×学生プロジェクトの取り組みなどが浸透することで日ごろから学生とのつながりが強く、今回の取り組みも短期間で準備を整え学生や青少年指導員、自治会関係者らが当日の運営サポートを買って出た。

 ボランティア活動支援室学生代表の桜井大地さん(3年)は「多くの学生が逆境に立たされているなか、こんなに多くの方が学生のことを思って活動してくれていると思うととても心強い」と話す。六角橋自治連の森勤会長は「今日食べるものに困っている学生も多いはず。地域でスクラムを組んで支えていくことで、学生により地域に関心を持ってもらうきっかけになれば」と話した。

 「まち”SHOKU”」では第2弾のプロジェクトとして、六角橋商店街で使える金券を学生に配布する企画も進めているという。

神奈川区版のトップニュース最新6

警戒の目、特殊詐欺防ぐ

神奈川警察

警戒の目、特殊詐欺防ぐ 社会

180人態勢 水際で2件

7月2日号

「受診控えず相談を」

「受診控えず相談を」 社会

風評懸念の歯科医師会

7月2日号

リーマン以来の低水準

横浜市景況感

リーマン以来の低水準 経済

下落幅は過去最大に

6月25日号

学校生活も「新様式」

市立小中

学校生活も「新様式」 社会

昼食は私語厳禁、部活短縮

6月25日号

菅田の歴史ひも解く一冊

菅田の歴史ひも解く一冊 文化

住民ら、古老の証言編さん

6月18日号

相談減も潜在化危惧

児童虐待

相談減も潜在化危惧 社会

休校などで実態つかめず

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク