神奈川区版 掲載号:2022年3月31日号 エリアトップへ

市政報告 安全・安心を実感できる横浜へ 自民党横浜市会議員団 小松のりあき

掲載号:2022年3月31日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は全国に先駆け、自治体消防組織に消防救助隊を発足させました。そのため、消防救助の発祥の地と呼ばれています。そして、昭和39年8月20日には、「消防特別救助隊」が誕生しています。現在は横浜市消防局が直轄する「特別高度救助部隊(スーパーレンジャー)」と各消防署に配置される「特別救助隊(横浜レンジャー)」の2つの高度なエキスパート集団が過酷な災害現場で人命救助を行うため、強靭な肉体、冷静な判断力と救助へのゆるぎない使命感を持って任務を遂行しています。

 3月16日の深夜に福島県沖を震源とするマグニチュード7・3、最大震度6強の地震が発生しました。これからもいつ起きてもおかしくない自然災害への適切な対処が必要となります。

 市消防局は消防体制、救急救命体制をはじめ消防団の充実強化や地域防災力の向上、地域の防火・防災対策の推進、初期消火器具などの設置を促進していきます。

 また、高齢化が進む横浜市では今後、救急需要の増大が予測されるため、救急車や救急資器材の適正な維持管理、救急隊の活動しやすい体制づくりを進めていきます。市民の命と生活を守ることが、政治の根幹であり、私の政治理念である「責務は安全」を掲げ「安全・安心を実感できる横浜の実現」を全力で取り組んでまいります。

オデッサ市へ支援

 ロシアから侵攻を受けているウクライナのオデッサ市は、1965年から横浜市の姉妹都市です。我々自民党議員団では、オデッサ市を支援するため、3月20日に横浜駅西口で街頭募金を行いました。その他市内の各支部で同様に募金活動を行い、総額約260万円をウクライナ赤十字オデッサ支部へ海外送金を行います。「オデッサとウクライナに栄光あれ!」と議員団全員で祈り、これからも支援につながる行動を続けていきます。

横浜市会議員 小松範昭

横浜市神奈川区六角橋2-5-24

TEL:045-491-7515

http://komatsu-noriaki.net/

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

市政報告

オデーサ市民の飲用水確保へ緊急支援

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

6月23日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

公共建築物の維持保全の取り組み

市会レポート

公共建築物の維持保全の取り組み

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

6月9日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月2日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook