宮前区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

宮前平中男子駅伝 14秒の雪辱期す 県2位で関東大会出場

スポーツ

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
チーム一丸で神奈川県1位の座を狙う
チーム一丸で神奈川県1位の座を狙う

 川崎市立宮前平中学校(山本浩之校長)の男子駅伝部が10日、金沢区の横浜八景島・海の公園周回コースで行われた第40回県中学校駅伝競走大会で2位に入賞。全国大会は逃したものの、来月2日に熊谷市で行われる関東大会に出場する。

 宮前平中学校の駅伝部は男女ともに伝統的に活躍。男子は全国第5位の実績がある。

 59チームが出場した今回の県大会では、1区の板東賢吾選手(1年)が「目標のタイムは切れた」と38位発進。2区の安福聖輝選手(3年)は「悔いはあるが順位は上げられた」と11位に浮上。3区の前原秀一郎選手(3年)が「タイムは不満」と言うものの区間2位の力走で全体3位へ。4区の氏家翔太選手(2年)は一度はトップに立つが、その後優勝した田奈中(横浜市)に抜かれ、「タイムがよくなかった」と2位で襷渡し。5区の古林優翔選手(2年)は「早く入りすぎた」とするも2位をキープし、アンカーの神林輝選手(2年)へ。「目標タイムは切れた」(神林選手)が、結果的にトップに14秒差の2位でゴールした。

 顧問の國田健太郎教諭は「今年のチームは、市大会で初めて駅伝を走った選手が4人いるなど、未完成のチーム。しかし明るい雰囲気で練習から盛り上げ、今大会も全選手がベストタイムを出すなど、『全員駅伝』を体現できた。ただ、終わってみての14秒差はすごく悔しい」と話す。

 選手らは「関東大会で田奈中を破り神奈川ナンバー1の座をもう1度狙いたい」と雪辱を期す。

宮前区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 文化

出席者は昨年比4割減

1月15日号

福祉施設に物資寄付

商議所女性会

福祉施設に物資寄付 社会

ベビー服など400点以上

1月15日号

新春の集い中止に

持田県議

新春の集い中止に 政治

1月15日号

救急出動12年ぶり減少

川崎市

救急出動12年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月15日号

川崎舞台にラジオドラマ

川崎舞台にラジオドラマ 文化

28日から、『鬼滅』声優も

1月15日号

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月15日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク