高津区版 掲載号:2011年4月15日号
  • googleplus
  • LINE

4月14日、高津防犯指導員連絡協議会の会長に就任した 山本智英(ともひで)さん 久地在住 65歳

「地域安全の一助に」

 ○…区内で発生する犯罪を未然に防ぐため、キャンペーンや繁華街での声掛け、青色パトカーでのパトロールなどを警察や各機関と連携して実行する団体として地域の安全を見守っている。今月行われた総会で、新会長に任命された。「これまでの会長や会員が築いてきたものを実行するだけ」と謙虚な姿勢だが、「実動部隊」として寄与してきた自信から今後も防犯に貢献していく構えだ。

 ○…平成5年、知り合いに誘われ活動に参加。当初は近所に加入者がいないからとの気持ちだったが、活動を続けるうちに使命感が湧いてきた。気付けばキャリア18年のベテランに。平日に集まることが多く、地元農家や自営業者、主婦など約15人が月に2回ほど活動をしている。「若い人にも加わって欲しいが、実際に連携を取って活動するには常に参加できるメンバーが必要」と長年協力しながら続けている仲間との連携を大切にしている。

 ○…高津区生まれ。小さい頃から、友達と外を駆け回る活発な少年だった。当時は許可制のオートバイに乗り、まだ砂利道だった区内を走り回るのが楽しみだった。友達と許可をもらいに高津署に行き警察官から交通ルールを教えてもらったのは良い思い出。「その頃から警察とは縁があったのかな」と懐かしそうに振り返る。サラリーマンを経験後、父親が経営する金属プレスの会社に入り現在も続ける。二人の子どもを育て上げ、4月初旬には女の子の初孫が誕生した。今は多忙で中々会えないが「成長してくれるのが楽しみ」と優しく微笑む。

 ○…「昔に比べいろんな施設が増え住みやすくなった」と街の便利さを喜ぶが、都市化したことにより増加する犯罪も懸念する。ひったくりや盗難、振り込め詐欺など課題は多い。しかし、犯罪を防ごうとする各機関の結束は固く「地道に活動を続けていくことで、安全で平和な街をつくりたい」と強い決意を表した。
 

高津区版の人物風土記最新6件

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

森 幸男さん

久末町内会の会長として「平成29年度川崎市自治功労賞」を受賞した

森 幸男さん

2月16日号

小池 克利さん

地域の交通安全功労者に贈られる「緑十字金章」を受章した

小池 克利さん

2月9日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

前橋汀子リサイタル

前橋汀子リサイタル

糀ホール 読者5人を招待

4月7日~4月7日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三七回 「高津区の景観とまちおこし」

    高津物語

    3月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」

    高津物語

    3月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク