高津区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

川崎西ライオンズクラブ第47代会長に就任した 坂本 忠弘さん 久本在住 67歳

笑顔絶えぬ奉仕目指す

 ○…「今年は例年以上に体を使った労力奉仕に取り組みます」。半世紀近く続く伝統あるクラブの会長に就任し力強く抱負を語る。3月の大震災で多くの被災者が出たことを受け、募金やバザーなどを中心とした支援活動を自ら先頭に立ち行う構えだ。「集まった浄財は現地に直接出向き手渡したい。長期的な支援が出来るように常に工夫した行動を心がけます」

 ○…溝口駅周辺の清掃活動や募金、献血・献腎・献眼を訴える活動など47年目を迎えたクラブの活動は様々。今年度掲げたテーマは「笑顔の絶えない奉仕と例会」。「先輩方が築いてきた奉仕の心を大切にし、我々の伝統である楽しい例会を継続させたい」と語る。先輩の誘いをきっかけに入会したのが25年前。「地元の尊敬する方々と行動を共にし、楽しい仲間と出会えたことが貴重な財産になっています。控えめな性格も活動を通して活発な性格に変わりました。みんなと飲み歩いたりね」

 ○…高津区で生まれ育つ。地元の小学校に通っていた頃は「今同級生に会うと驚かれるくらい、おとなしい性格だった」と振り返る。武蔵工業大学卒業後、建築会社に勤務。父親が経営する木工所を引き継ぐために、一級建築士の資格を活かし設計事務所を開くと仕事漬けの毎日に。昨年、仕事に区切りをつけ、ようやく時間が取れるようになった。「何十年ぶりかに妻との旅行も出来た。孫娘と会う時間も増えました。(孫の)とても活発な性格は、私に似ているのかな」と優しく微笑む。

 ○…募金活動では積極的に学生たちに話しかけ、仲間との例会やパーティーでは仮装して歌を熱唱するなど周囲を和ませる。自分が楽しむことで、周りのみんなが笑顔になってくれるのが何よりの喜びだ。36人の会員の結束は固い。「活動を停滞させないよう、全員が一丸となって奉仕に取り組みクラブを活性させたいですね」
 

高津区版の人物風土記最新6件

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

4月6日号

阿部 眞二さん

3月19日付で高津警察署長に着任した

阿部 眞二さん

3月30日号

梶原 典夫さん

仏師で、高津区文化協会の第40回文化講座を受け持つ

梶原 典夫さん

3月16日号

田中 利男さん

梶ヶ谷4丁目町内会の会長として川崎市自治功労賞を受賞した

田中 利男さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シャンソン発表会

シャンソン発表会

4月22日 高津市民館

4月22日~4月22日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

    高津物語

    4月13日号

  • 高津物語

    連載第一〇四〇回「ラジオ深夜便」

    高津物語

    4月6日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク