高津区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

押し花教室の主宰者で、バリ芸術文化友好勲章を受章した 上條 睦子さん 梶ヶ谷在住

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena

心の絆 押し花で紡ぐ

 ○…「花には人を癒すエネルギーがあると信じています」。2001年、梶ヶ谷に押し花教室「コーラルフラワー」を開設。以後、平日はほぼ毎日、さまざまな生徒に作品作りを教えている。押し花を活用したアートセラピーに着目し、ここ数年は区内のデイケア施設で、高齢者への制作指南を継続。4月に高津市民館で開いた、生徒の作品展示会を振り返り「今年も大好評だった」と微笑んだ。

 ○…自身の力作は国内外で高い評価を得ている。昨年10月、日本とASEAN(東南アジア諸国連合)の交流40周年を記念し、インドネシアで開かれた「バリ芸術の力展」に作品を出展。サンゴ礁が広がり、ウミガメや魚が静かにたゆたう海中の景色を、色彩豊かな花々で表現した。来場したバリの王族をはじめ、多くの人々の絶賛を浴び「バリ芸術文化友好勲章」を受章。知らせを聞いて「驚いたし、感動した。届いたメダルが重かった」。

 ○…熊本市生まれ。「母方の家が、洋服の仕立て屋。小さいころから服の色合わせをして遊んでいた」。学生時代はテニスやハンドボールを楽しみ、青春を謳歌した。服飾業界に職を得て、コーディネートなどの仕事に従事。退職直後、都内の美術展で目の当たりにした作品に衝撃を受けた。いちごの実の押し花だった。「こんなにきれいな作品があるんだ」。押し花の放つ不思議な魅力に、一気に心を掴まれた。いまでは「10数年間、朝から晩まで花を扱う作業をしているけど、疲れない。それは花の力に癒されているからだと思う」。

 ○…ハワイが好きで、毎年夫婦でマウイ島へ。「とっても居心地が良い。そよぐ風から花の香りがするの」。趣味のスキューバダイビングで出合う「美しい海の世界」は、創作活動への新たな発想をくれる。将来の夢は、誰もが自由に行き来できる「オープンなアトリエ」を開くこと。作品と笑顔を架け橋に、人々の心に豊かな花を咲かせたい。

高津区版の人物風土記最新6

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

佐藤 健一さん

高津区子ども会連合会橘地区の会長を務める

佐藤 健一さん

千年新町在住 63歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク