高津区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

高津市民合唱団の団長として設立25周年に臨む 田村 富彦さん 津田山在住 71歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

人と響きあう活動を

 〇…「地元の人に楽しみにしてもらえること、足を運んでもらえることがすごく嬉しい」。毎年2千人近く訪れるミューザ川崎で開催する定期演奏会について語る。設立25周年の節目となる今年6月の定期演奏会は、県でも有数の合唱団・坂戸小学校と共演する。「共演はひとつの夢だった。次世代に歌をつないでいくことがテーマ」。プログラムには編曲の美しい日本の歌が並ぶ。「充実した演奏、聴衆と一緒に作るステージに」と意気込みを語る。

 〇…立ち上げのきっかけは46歳の時。「一生に一度は第九を歌いたい」と地域仲間とともに前身となる「第九を歌う会」を結成した。実はこれまで合唱の経験はない。ミッション系学校へ通った学生時代、聖歌隊への誘いに「そんな軟派なことはできない」と突っぱねたが、合唱の美しさは心に残っていた。チラシ作成や行きつけのスナックでも声をかけ、メンバー集めに奔走。集まった入会者は200人以上になった。「目指すは『本物の第九』」と、ドイツ語の発音、響きある声にと1年間徹底して練習を重ねた。自身初の大舞台は「響き合う喜びを感じ本当に感動した10数分間だった」。

 〇…出身は八王子。結婚を機に溝口へ移り住んだ。編集記者として出版社に勤務。主に教育関係の本を手がけていた。「土曜夜、合唱団の練習後、職場に戻って原稿を書くこともあったね」と懐かしむ。子どもの学校の広報委員や少年野球チームのマネジャーなど地域活動にも参加してきた。「声をかければ快く協力してくれる。この地域は人気(じんき)がいい」と笑う。

 〇…二人の息子は独立し、現在妻と二人暮らし。妻は俳句の師範を務め、互いに忙しい日々。「一緒にいる時間は朝食ぐらい」と笑うが、「25年、支えてくれた家族には本当に感謝」と語る。今後は「もっと大曲に挑戦していきたい」と意欲を見せる。「ハーモニーを奏でる、こんなに至福の時はないからね」

高津区版の人物風土記最新6

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク