高津区版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

100年休まず野菜に情熱 今週末に久末農産物品評会

経済

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena
野菜でつくる宝船が登場する(写真は90回)
野菜でつくる宝船が登場する(写真は90回)

 区内久末の農家による「久末農産物品評会」が今週末、久末小学校体育館で開催される。今年で100年、100回目を迎える歴史のある品評会だ。3日(土)は審査と表彰式、翌4日(日)は出品された野菜の販売会が行われる。

 都市部のイメージが強い川崎市にあって区内久末地域は現在も盛んに農業が営まれている。この地域に脈々と受け継がれているのが農産物品評会だ。

 歴史を紐解くと、第1回目が開かれたのは1916年(大正5年)12月1日。農産物の生産技術交流と農業振興を図ることを目的に開催された。それから100年、第二次世界大戦に突入しても休むことなく続けられてきた伝統行事だ。

 地域の農家は、この日に照準をあわせ丹精込めて育てた野菜を出品する。昨年の品評会には25軒の農家がキャベツやブロッコリー、大根、白菜など482品の農産物を出品した。

 今年は記念すべき100年目、100回目。実行委員長を務める根笹雅之さん(51)は「県知事賞も設けられ、みんな入賞をめざして力が入っている」と話す。今年は野菜で造る「宝船」も特別に用意するという。「100回目は通過点。野菜づくりを続けていく限り、品評会も続けていきたい」と根笹さんは語る。

 3日に審査、表彰式が開かれ、4日は一般向けの販売会が開催される(午前10時に予約受付開始)。実行委員会は「高品質な野菜を安く提供したい、ぜひ来場してほしい」としている。

 4日は久末小学校PTA主催のバザーも同時開催される。午前10時〜午後2時。餅や焼きそば、お好み焼きなどの販売やゲームコーナーが登場する。

 会場には駐車場がないので公共交通機関の利用を呼びかけている。

高津区版のトップニュース最新6

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

高津区に広がる支援の輪

台風19号

高津区に広がる支援の輪 社会

寄付や人海作戦も

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク