高津区版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

100年休まず野菜に情熱 今週末に久末農産物品評会

経済

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena
野菜でつくる宝船が登場する(写真は90回)
野菜でつくる宝船が登場する(写真は90回)

 区内久末の農家による「久末農産物品評会」が今週末、久末小学校体育館で開催される。今年で100年、100回目を迎える歴史のある品評会だ。3日(土)は審査と表彰式、翌4日(日)は出品された野菜の販売会が行われる。

 都市部のイメージが強い川崎市にあって区内久末地域は現在も盛んに農業が営まれている。この地域に脈々と受け継がれているのが農産物品評会だ。

 歴史を紐解くと、第1回目が開かれたのは1916年(大正5年)12月1日。農産物の生産技術交流と農業振興を図ることを目的に開催された。それから100年、第二次世界大戦に突入しても休むことなく続けられてきた伝統行事だ。

 地域の農家は、この日に照準をあわせ丹精込めて育てた野菜を出品する。昨年の品評会には25軒の農家がキャベツやブロッコリー、大根、白菜など482品の農産物を出品した。

 今年は記念すべき100年目、100回目。実行委員長を務める根笹雅之さん(51)は「県知事賞も設けられ、みんな入賞をめざして力が入っている」と話す。今年は野菜で造る「宝船」も特別に用意するという。「100回目は通過点。野菜づくりを続けていく限り、品評会も続けていきたい」と根笹さんは語る。

 3日に審査、表彰式が開かれ、4日は一般向けの販売会が開催される(午前10時に予約受付開始)。実行委員会は「高品質な野菜を安く提供したい、ぜひ来場してほしい」としている。

 4日は久末小学校PTA主催のバザーも同時開催される。午前10時〜午後2時。餅や焼きそば、お好み焼きなどの販売やゲームコーナーが登場する。

 会場には駐車場がないので公共交通機関の利用を呼びかけている。

高津区版のトップニュース最新6

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

「神輿ないなら献血を」

睦高津連合会

「神輿ないなら献血を」 社会

コロナ禍、区民祭中止受け

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

住民、児童見守り1年

久地踏切

住民、児童見守り1年 社会

「開かず」状態、危険視

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク