高津区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

高津スポーツセンターでバドミントンのコーチを務め、TEAM神奈川としてチャレンジリーグに出場する 西村 有貴(ありたか)さん 横浜市在住 25歳

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

熱きコーチ 飽くなき挑戦

 ○…バドミントン歴は15年以上。長年の経験を活かし、高津スポーツセンターなどでコーチを務め、子どもから大人までバドミントンを教えている。その一方で、10月に行われた神奈川県バドミントン協会主催の大会ではダブルスで優勝するなど、プレーヤーとしても活躍。「出る大会では優勝するくらいの気持ちでぶつからないと勝てない」と熱い気持ちで戦う。来年2月には「TEAM神奈川」としてチャレンジリーグ(日本リーグの3部)にも出場し、2部昇格を目指す。

 ○…母親がバドミントンをやっていたこともあり、小学生の頃から何度も大会に出場。中学には部活が無く、自ら高校などの練習に参加した。「強くなりたい、勝ちたいという思いで、学校が終わったら毎日すぐ練習。高校の練習はきつかった」と振り返る。すると、県大会のシングルで優勝するなど頭角を現す。進学した法政二高でも1年生の頃から大会で経験を積んだ。法大でも体育会に所属し、全日本学生選手権などに出場する一方、チームの応援団長も務めて場を盛り上げた。「声を出しすぎてのどから血を出したこともありました」と笑う。

 ○…高津スポーツセンターでコーチを務めて2年。「難しさもあるが楽しい。教えることで自分が成長させてもらっている」という。全体に説明するだけでなく、1人1人にアドバイスすることを心掛けている。「オリンピックプレーヤーも育てたいし、地域のおばあちゃんにも教えたい。バドミントンは生涯スポーツ。楽しさをたくさんの人に伝えたい」。コーチとしての大きな目標だ。

 ○…つい最近まで高津区北見方に住んでいた。「(近隣の)飲み屋がおいしい」と、二子新地や高津などで、チームの友人はもちろん、利用者から誘われることもあったという。「辛いこともあるけど、好きだからやめようとは思わない。人とのつながりに感謝してプレーしていきたい」

高津区版の人物風土記最新6

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

小林 康人さん

ストーンアート作家で夏休み工作講座の講師を務める

小林 康人さん

下野毛在住 81歳

7月26日号

谷崎 美貴さん

絵本の読み聞かせグループ「たかつあおむしの会」の代表を務める

谷崎 美貴さん

新作在住 

7月19日号

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その1 宮田  義彰さん

    8月23日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク