高津区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

高津区歯科医師会会長を務める 三浦 徳明さん 下作延在住 61歳

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena

「医科・歯科連携進めたい」

 ○…下作延で開業30年のベテラン歯科医。このほど高津区歯科医師会の会長に就任した。「少子高齢社会のなかで地域包括ケアを推進させるため、訪問診療など歯科医に求められる役割も広がってくる。また、医科・歯科の連携も進めていきたい」と抱負を語る。

 ○…開業するなら生まれ育った津田山の地でと決めていた。「地域のためにと、格好良いこというつもりはないけれど、歯科医として少しでも社会に貢献できるなら、やっぱりこの場所で、必要とされる限り治療を続けていきたい」。当時は下作延小学校が開校して数年で、同校校医も長年つとめてきた。「当時の児童が大人になって通院してくれたりしてね。『ああ、あの虫歯で痛がっていた子がこんなに立派になって』とか、小学校とともに歩んできた部分も大きいよね」と白い歯を見せる。

 ○…医者をめざすようになったのは久本小学校に通っていた頃。幼少期にはやりの病で入院し、命を助けてもらった経験から医療に関心を持つようになった。中学、高校と進む中で関心は医科から歯科に。「当時は子どもの数も多いし、虫歯が国民病のような時代だった。虫歯を治すことで社会の役に立てたらと」。そして当時、新設された鶴見大学に進んで歯科医になるための道を歩み始め、卒業後は医局で「日本一の入れ歯をつくる」と尊敬する医師に師事した。「あの頃の経験があるから今がある。患者さん一人ひとりの不安を解消し、安全安心の診療を心掛ける。30年経っても変わらないね」

 ○…「この辺りも山が切り開かれてずいぶん変わったね。僕が小さいころは山が最高の探検場所だったよ」と当時を懐かしむ。「継続は力なり」をモットーとし、仕事だけでなく中学から始めたテニスは今でも仲間との大切な時間だ。「会長になってなかなか時間とれないけどね」と笑顔を見せつつ、歯科医師会の更なる発展に尽力する。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク