高津区版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

川崎西ライオンズクラブの会長を務める 関口 能長(よしなが)さん 溝口在住 60歳

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

地域の”わくわく”仕掛け人

 ○…「どんなクラブにしたいのか、改めて会員で話し合い、ビジョンを明確にし、計画を立て実行する年に」。今期のクラブテーマを「未来」に定め、クラブの将来を見据える。掲げる目標は会員の増強や例会の更なる充実。「講演会やイベント、ディスカッションなど、何か一つでも会員の皆さんに得るものがあるように」と意気込みを語る。

 ○…7年前にクラブに入会。クラブ活動で印象に残るのは、東日本大震災が発生した年にアクティビティ(奉仕活動)委員長を務めた時のことだ。「何か力になりたい」という一心で、大山街道フェスタで東北支援物産市を提案。宮城のライオンズクラブなどの協力を得ながら東北各地の名産品を集めた。津波の甚大な被害を受けた牡蠣の養殖産地の人から「牡蠣が小さすぎて出荷できない」と断られたが「そういうものを出してほしい。現状を知ってもらうことが重要」と説得した。物産市は現在も継続し、大きく成長した牡蠣も販売している。「『今年の牡蠣はいい』なんて連絡が毎年くる。人とのつながりが単純に嬉しいんだよね」

 ○…溝口に400年以上続く旧家に生まれ、高津小、西高津中を卒業。高校時代はバスケに打ちこみ、大学では経営法学を学んだ。先代が興した「(株)セキユウ工務店」を引き継ぎながら、地域活動にも積極的だ。区民祭では、夏に雪を降らせる企画を成功させたことも。「新しいことやるのが好きなんです。わくわくしません?」とにやり。「子どものキラッキラした笑顔が忘れられない」という。

 ○…意外にゲーム好き。最近は『信長の野望』に熱中する。「合戦もそうだし、商人や農民の信頼をどうやって得ようか考えたり」と喜々として話す。現在、溝口神社奉賛会神輿太鼓渡御部など約60団体に所属。活動の中で念頭に置くのは「ゼロから考え、自分で構築していく」こと。常に何を目指し、何をするかを考え新しいことに挑戦する。

高津区版の人物風土記最新6

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク