高津区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

3月19日付で高津警察署長に着任した 阿部 眞二さん 溝口在住 57歳

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

「忠恕(ちゅうじょ)」貫き、街守る

 ○…89代目の高津警察署長に着任して1週間ほど。「町会などの組織がしっかりしていて、街の団結力が強い」と高津区の印象を語る。警務部監察官、横浜市警察部の副部長などを歴任。地域の署長を務めるのは1年半ぶりとなる。200人以上の署員には『忠恕』(良心に忠実に、他人への思いやり)の精神を大切にしてほしいと伝えた。「警察を頼る市民が自分の家族だったらと。愚直に、真面目に向き合ってほしい。また、同じくらい家族も大切に。自分が働けるのは、家を守ってくれている人がいるおかげだからね」と笑う。

 ○…高校卒業後、警察官だった親戚の影響を受け警察官に。初任地は横須賀。機動隊を経て、その後、県警捜査一課、機動捜査隊に所属し、事件の解決に全力を注いできた。「事件が起きれば、夜でも何でも聞き込み。何かないか、何かないか、それが口癖だった」と振り返る。有力な情報を得られるまで、地道に聞き込みを繰り返す。「被害者やその家族の気持ちに触れ、絶対に犯人を捕まえなければという気持ちだった。それができるのは警察官だけだからね」

 ○…出身は三浦市。父親も漁師で海は生活の一部だった。「子どもの頃から体を動かすことが好きだった。夏は泳いで、冬は釣り。常に海にいたな」と笑う。もちろん今でも投げ釣りが趣味。「最近はできていない」と嘆くが、多摩川で鮎が釣れることを知ると「釣りにいきたいな」と目を細める。

 ○…休日は溝口駅周辺や多摩川沿いなどランニングをしながら道を覚える。「管内の名所、旧跡のほか危ない場所は知っておかないと」と警察官の視点を忘れない。一方「多摩川の白い花がきれいだったな」と気分転換にも。地域を知るほど忠恕の精神が強まることを感じる。「犯人を逮捕しても事件が起きれば不幸になる人は必ずいる。大事なのは事件、事故を発生させない街にすること。地域の方と協力して目指したい」

高津区版の人物風土記最新6

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

武井 慎一郎さん

地元ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動をサポートする

武井 慎一郎さん

北見方在住 53歳

11月1日号

丸山 佑樹さん

開業支援につながるシェアマーケット「ノクチラボ」プロジェクト代表を務める

丸山 佑樹さん

溝口在住 38歳

10月25日号

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第7話 その1 石塚 卯三夫さん

    11月22日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク