高津区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

震災の経験をもとに「おいしいミニ炊き出しレシピブック」を制作した 山本 美賢さん 久本在住 54歳

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena

制作活動で人と街楽しく

 ○…「おかげ様で本当にいい本ができた」と、レシピ本を手に、満面の笑み。ふだん使いをしながら、災害時に役立つ知識や知恵が盛り込まれる。きっかけは、熊本地震発生時での支援活動。縁があった益城町の人と連絡を取り合いながら水や衛生用品のほか調味料などを送った。「一番喜ばれたのは『めんつゆ』。誰が作っても味が均一に美味しくなるから炊き出しに参加しやすいらしい」。活動や交流を通じそんな気づきが多く「何か形にしたかった」という。

 〇…「人を大事に、迷惑をかけるな」という亡き父親からの教えが心に残る。東日本大震災の時は「大変なことが起きた」と、石巻へ支援物資を送った。「被災しながら復興活動を頑張る人たちと出会い、そうした人を応援したくなる」。息子やその友達を連れて石巻を訪れたり、段ボールで地形を作りながら学ぶワークショップを始めたり、石巻の人との交流は今も続いている。「石巻に行けばご飯もお酒も付き合う仲間がいる。味のあるスナック巡りが楽しい」

 〇…愛知県で生まれ、高校卒業まで千葉県で過ごす。少年時代は絵を描くことが好きだった。卒業文集の表紙絵を描き、恩師に褒められたことが制作の道を志す一歩に。日大芸術学部へ進み、卒業後はテレビ制作会社、カラオケ事業関連会社でデジタルコンテンツの企画開発に関わった。実はカラオケ歌唱後のカロリー消費機能の発案者。「当時のカラオケの少しダーティーな雰囲気と反対の健康を合わせてみようと」。楽しく前向きな発想が瞬く間に広まった。

 〇…今年、溝口を拠点に市内で活動する仲間と制作チームを結成。地元イベント企画や印刷物、映像制作などを行う。「街の制作物を格好良くしてカッコいい街に」。地元溝口を盛り上げていく。

高津区版の人物風土記最新6

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

佐藤 健一さん

高津区子ども会連合会橘地区の会長を務める

佐藤 健一さん

千年新町在住 63歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク