高津区版 掲載号:2018年6月15日号 エリアトップへ

公益社団法人日本けん玉協会の神奈川県支部長を務める 橋本 雅之さん 市内在住 66歳

掲載号:2018年6月15日号

  • LINE
  • hatena

廃れない魅力を伝えたい

 ○…けん玉の伝承や技術の向上に加え、昨今では生涯スポーツとしての普及も目指す公益社団法人日本けん玉協会。その神奈川県支部長として6月9日に藤沢市で小学生を対象にした県大会を開催した。「今後も技術を学び、けん玉好きの子どもたちの交流の場になれば」と期待を込める。

 ○…北海道出身。都内の大学を卒業後、川崎市役所に入庁。青少年会館(当時)に勤務していた20代後半、けん玉が上手い同僚を見て俄然興味がわいた。「よし俺もやってみようって思ったのがきっかけなんだけど」。技のことを誰に聞いたらよいかも分からず、門を叩いたのが日本けん玉協会だった。「当時の会長に電話して、こうやるんだよって技をやってもらっても受話器から音だけしか聞こえないんだから全然分からないんだよね」と冗談のような当時の様子を笑う。10級からスタートし数年で初段の腕前に達し、こども文化センターでクラブを創設。技をマスターする楽しさや、身につく集中力といったメリットを地域の児童に伝えてきた。

 ○…息子2人を育て上げ、退職後の現在は妻と2人暮らし。麻生こども文化センターでの教室に加え、高津区と宮前区の老人福祉センターで高齢者向けの講座も開講するなど、けん玉との付き合いは変わらず。関節リウマチに悩まされた時もその屈伸運動がリハビリになった。「技のチャレンジは脳トレになるし、スクワット運動も身体に良いからぜひ高齢者にも楽しんでもらいたい」

 ○…流行の兆しはあるが、進学や就職のタイミングで終わらせてしまうのがけん玉の課題。「続けてくれる人を増やして後継者育成にも力を入れないと。子どもにも高齢者にもけん玉の“廃れない魅力”をこれからも伝えていきたい」

高津区版の人物風土記最新6

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

古渡 智江さん

声楽家(ソプラノ歌手)として、長きにわたって地域に元気を届けてきた

古渡 智江さん

末長在住 73歳

2月19日号

中根 一(まこと)さん

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している

中根 一(まこと)さん

二子在勤 59歳

2月12日号

新井 文人さん

川崎青年会議所の第71代理事長に就任した

新井 文人さん

川崎区在住 36歳

2月5日号

内藤 岳史さん

電子機器分野で国内屈指の技術力を誇る地元・新作の製造会社の代表を務める

内藤 岳史さん

新作在勤 49歳

1月22日号

伊藤 博幸さん

高津警察署への抗菌・抗ウイルス対策を無償で行い、感謝状が贈られた

伊藤 博幸さん

溝口在勤 48歳

12月18日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク