高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

バレーボール県大会男子 西高津中が準優勝 逆転の粘り、成長に手応え

スポーツ

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena
県総体に向け練習する選手たち
県総体に向け練習する選手たち

 神奈川県中学校バレーボール選手権大会の男子決勝戦が6月9日、あかね台中学校(横浜市)で行われ、西高津中が準優勝を果たした。主将の上條博誉選手(3年)は「準優勝の悔しさはあるが、夏の総体につながる試合ができた」と手応えを語った。

 同チームは昨年18年ぶりに関東出場へ導いた顧問の大野勝弘教諭の人事異動が今春あり、指導体制が変わった。上條選手は「チームが困惑していた」と2カ月前を振り返る。そうした状況で「チームで団結していこう」という意識が部員に高まったという。心がけたのは声出し。上條選手は「練習からかなり意識して声を出すようになった」と話す。チームの成長が見えたのは準決勝の末吉中(横浜市)戦。28―26、26―24と両セットともデュースにもつれ込む接戦を制した。逆転勝利を収めた第2セットについてエースの小椋一輝選手は「サーブカットのミスで崩れかけた時も、声をかけ合い落ち着いて対応できた」と振り返る。上條選手は「人一倍声を出してつないだ。逆転できた粘りは夏の総体にもつながる」と手応えを話す。

課題修正し総体へ

 前衛、後衛どこからでもスパイクを打ち込める攻撃型のチーム。小椋選手は「サーブの強い相手に崩されがちという課題も。夏までに修正していく」と抱負を語る。チームは「(3位で出場した)昨年の結果を超えて関東、全国出場」を目指す。

 同大会は、県内8地区の予選を勝ち上がった男女各128校が出場した。県総体は7月27日から開催。上位4校が関東大会へ進み、関東上位8校が全国大会へ進む。

高津区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ

商工会議所高津支所

経営秘策「川崎BT(ブレイブサンダース)」に学べ 社会

「元沢社長セミナー」に40人

10月11日号

準・絶滅危惧種を発見

たかつ生き物探検隊

準・絶滅危惧種を発見 文化

専門家「見かけるのは珍しい」

10月11日号

半世紀経て「神輿復活」

子母口橘樹神社

半世紀経て「神輿復活」 文化

担ぎ手不足も仕様で解消

10月4日号

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」

無料養成講座を開催

求む高津の「案内人(ガイドボランティア)」 文化

「地元に興味持つ契機に」

10月4日号

人材難か?定員6割

高津区民児委員

人材難か?定員6割 社会

最終推薦会向け確保注力

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク