高津区版 掲載号:2018年11月2日号 エリアトップへ

こどものまちミニカワサキの実行委員長を務めた 安藤 哲也さん 幸区在住 36歳

掲載号:2018年11月2日号

  • LINE
  • hatena

「無責任」に背中を押す側へ

 ○…「子どもの表情が本当に輝いていた。やって良かった」と語る表情に充実感がにじむ。子どもが役所や会社を起業、運営し街づくりを行う「こどものまち」。大人は口出し禁止のルールの中、自由な発想で楽しむ様子に『もっと子どもを信じてみようと思った』と、保護者から感想が聞かれたことが嬉しかった。「子どもの『やりたい』を応援したくて始めたもの。他人だからこそ無責任に背中を押せることもある」

 ○…開催理由の一つに、「働くことは楽しい」を伝えたい思いがあった。「『就活=人生終わった』というイメージが残念だなって」。そんな自身も仕事で苦い経験はある。電話営業が主な仕事をしていた時は「会社に行くのが本当に嫌で。毎朝近くの喫茶店で心を落ち着けてから出社していた」という。まちづくりコンサルタント会社に転職し、独立した現在まで「仕事が楽しくて仕方ない」と自信を持って言える。「自分に合う仕事はある。社会や街に触れる機会を作り、大人になることは楽しいことだと伝えたい」

 ○…千葉県木更津市出身。大学では建築学を専攻。『中央に休憩場所がある歩道橋』といった、建物の構造よりそれが社会にどう役立つのかに興味があった。そのため成果としては、評価されづらかったが、2年生の時、教授から『君はそれでいい』と認められたことが転機に。「嬉しかった。霧が晴れた感覚」と、肯定されることが大きな力になることを知った。

 ○…妻と5カ月になる娘と市内で暮らす。「娘を抱っこすると電源がオフになる。今までの自分にはなかった」と嬉しそう。現在、仕事で柏駅周辺のまちづくりに携わる。人が立ち止まる、交流する場やきっかけを随所に仕掛け、「突き詰めると人が笑顔になる、そんな街を増やしたい」と語る。

高津区版の人物風土記最新6

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水曜と金曜は生演奏を

音楽鑑賞

水曜と金曜は生演奏を

洗足音大選抜学生48人  

9月18日~10月4日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その4 宮田  義彰さん

    9月13日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その3 宮田  義彰さん

    9月6日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第4話 その2 宮田  義彰さん

    8月30日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク