高津区版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

「はっぴーとーく樹音」の代表で、2018年度県優良小売店舗に表彰された 東 賢太郎さん 末長在勤 70歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

顧客と歩む店に

 ○…梶が谷駅前の化粧品店「はっぴーとーく樹音」の代表を務める。40年前の開業時から「地域に根差した店」として、顧客一人ひとりに合った提案を行っている。そういった経営が評価され、今年度の神奈川県優良小売店舗として11月26日に表彰された。同店は3回目の受賞。「3回も名誉ある賞をいただけたのは従業員の努力、そして長年店を利用してくれる地域の皆様あってのこと。感謝の気持ちでいっぱい」と胸中を明かす。

 ○…「これからは女性美容の時代」と悟り、30歳で5年間勤めた婦人服メーカーを退職して開業。現在11人いる従業員も当初は3人だったという。「何事も楽しむ自分だけど、最初の10年間は心身ともに辛かった…」と振り返るように、チラシ作りからポスティングなどの業務も自ら担当した。地道な努力が奏功し、徐々に知名度も右肩上がりに。来店客に合った提案やカバーメイク技術の実習など、きめ細やかなサービスを提供。地元から信頼される店になった。

 ○…気さくな性格と行動力は学生時代から変わらない。「世界が見る日本を知りたい」という思いで、大学2年時に低予算で個人旅行するバックパッカーを経験。欧州を駆け巡った。「お金がなかったから野宿もしたよ」と笑う。何度も危険な目に遭いながらも、持ち前の明るさで過酷な旅を乗り越えた。旅行中に多くの外国人と知り合って親しい仲に。彼らとの会話で得た「コミュニケーション力」、「自分の意見をはっきり主張する姿勢」は、「経営者になった今も活かされているかな」

 ○…今後の目標は「お客様が気持ち良く買い物でき、我々と楽しさを共有できる店を継続していければ」と語る。これからも消費者目線を大切に、明るい接客で来店客の心をつかんでいく。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク