高津区版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

箱根駅伝の5区で区間新を記録した 浦野 雄平さん 国学院大学陸上競技部3年 21歳

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena

誰かのために、ただ結果を

 ○…箱根駅伝の山上り、5区を区間新の1時間10分54秒で激走。大会後は「新・山の神」として街で声をかけられることも増え、「嬉しい。モチベーションにも繋がる」と微笑む。大会前はエース区間の2区を望んでいたが、勝ち取った総合7位は各区間で仲間の奮闘があってこそ。「どこを走りたい、というのはなくなった」と心境の変化もあったという。「来年は総合3位以内を狙う。個人ではなくチームとして、自分にできるのは持ち場で結果を出し続けることだけ」

 ○…富山県氷見市出身。中学では野球部に所属していたが、当時から足の速さに自信があり、学校選抜の駅伝にも出場。その活躍ぶりに陸上競技選手として強豪校からスカウトを受けた。野球を続けるか迷ったが、「バットを振るより、走っている方が自分らしい」。1500m、3000m障害でインターハイに出場するなど才能を開花させた。

 ○…大学1年にして箱根駅伝の6区を任された。しかし結果は区間17位。「一番の失敗レース」と苦い表情に。「自分の弱さを知った。走りたいという気持ちだけじゃだめだった」。以来、練習量を増やし、25Kmから30Kmを走りこむ日々。意識の変化は結果に表れ、昨年は世界大学クロスカントリー選手権大会で日本代表になるなどエースとして成長した。「マルチにこなせるのが自分の持ち味。まずはトラック競技を極めて、ゆくゆくはマラソンかな」と五輪を見据える。

 ○…オフの日は「ずっと寝ている」とあどけなく笑う。趣味は野球観戦で、長年のファンである巨人軍を応援しに東京ドームまで足を運ぶことも。「結果がすべて」の陸上競技。駅伝については「個人種目と違い、チームや誰かのために頑張れるのが魅力」と話し、「目標は三大駅伝全てで区間賞」とエースの気概を見せた。

高津区版の人物風土記最新6

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク