高津区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

溝ノ口劇場のオーナーを務める 重岡 俊行さん 溝口在住 35歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

「溝口をバンドの聖地に」

 ○…「溝口を盛り上げたい」一心で、地域に根差したライブハウスをいちから設立した。ライブハウスのオーナー兼支配人として、コンサートの企画はもちろん、演劇やお笑いライブなど多彩なイベントを手がける。「バンドの演奏のみならず会場の雰囲気をつくる音響や、照明にもこだわる劇場として多くの人に楽しんでもらいたい」と意気込みを語る。

 ○…劇場支配人のほかに音楽バンド「カナコレBAND」のプロデューサーとしても活躍する。毎月劇場で定期ライブを行い劇場の「顔」として盛りたてる。「地域密着のライブを」と心がけ、神奈川県にゆかりのあるアーティストの楽曲を選曲するなどのこだわりも。今月市内で行われた音楽コンテストでは、バンドが大会初優勝を果たした。「カナコレBANDは溝ノ口劇場専属バンドとして結成したバンド。多くの方に認められたことは今後の自信につながる」と笑顔で話す。

 ○…多岐にわたる活躍の原動力となっているのが亡き友の存在。劇場の創設とバンドのプロデュースを二人三脚で手がけてきたパートーナーであり、学生時代からの親友なだけに失った時の悲しみは大きかったという。同時に「親友の分まで劇場を盛り上げて、地元の方々に受け入れてもらわないと」という気持ちが強くなったと話す。「連日続く劇場の活気もバンドの大会初優勝も親友あってのこと」

 ○…「自分たちの世代のミュージシャン志望は下北沢を目指して上京してきた。今の若い人たちには聖地は溝口と言ってもらえるまちにしたい」と新たな目標も語る。「地域密着の運営を担っている以上、常に変化を与え、地元住民から親しまれる空間をつくり続けていきたい」。その言葉には強い意志が感じられた。

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter