高津区版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

国際交流ボランティアの一員として 日本文化のPR役などを務める 佐藤 寿美子さん 二子在住 62歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

人のつながりに感謝

 ○…ホームステイの受入れなどを通じて国際交流を図るボランティア団体「ザ・フレンドシップ・フォース」のメンバーとして長きにわたって活躍。自身のお膝元となる川崎市国際交流センターで開いた「日本文化体験」では中心的役割を担い、イベントを成功に導いた。「リーダーシップをとる難しさが身に染みた。周囲の支えがあってのことです」と謙遜するが、配慮の行き届いた催しに海外の参加者からは感嘆の声が相次いだのも事実。やり遂げた者だけが味わえる充実感が漲っていた。

 ○…海外向け広告代理店に勤めていた20代の頃、新聞でザ・フレンドシップ・フォースの会員募集を見つけ入会。堪能な英語力はもちろん、持ち前のサービス精神を活かし、これまで20か国以上の外国人のホームステイを受け入れてきた。時には食事や価値観の違いなど苦労も多いというが「感謝の言葉や手紙をもらった時はたまらなく嬉しいですね」とニッコリ。国際的な活動を手掛けてきたボランティアとしての矜持を垣間見せる。

 ○…世界的なスポーツの祭典を間近に控え各国から観光客などが大挙して押し寄せるため、その国際交流のスキルに寄せられる期待値も大きい。それでも「日本に興味を持ってくれる外国人が増える良い機会ですね」と話し、開催を心待ちにしている様子。自身も海外メディアの対応を担う予定で「各国のプレーを見るのが楽しみ」とも。

 ○…区内・二子に住んで31年。地元エリアを拠点に活動してきた訳ではないが今回、川崎市でイベントを企てたのは、やはり地域の活性化のための可能性を探る意味合いから。「今後は高津区の方々にも国際交流の素晴らしさを知ってもらうキッカケになるような動きができればいいですね」と展望を語ってくれた。

高津区版の人物風土記最新6

村山 文子 さん

「ステキに映え農フォトコンテスト」で区長賞を受賞した

村山 文子 さん

溝口在住 67歳

2月14日号

菅野 真楠さん

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと

菅野 真楠さん

千年在住 31歳

2月7日号

石関 武之さん

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した

石関 武之さん

北見方在住 78歳

1月31日号

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク