高津区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める 谷 りりさん 区内在住 52歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

「おむすびで楽しく幸せに」

 ○…日本宅配協会の「ごはんソムリエ」の認定を受け2年。料理家、主婦、消費者の視点でお米の美味しさ、楽しさを広める活動を行っている。おむすびワークショップを始め、生産者や米販売店、行政、企業などとイベント企画やレシピの開発など目覚ましい活躍。食の多様化、ライフスタイルの変化など米の消費量が減少傾向にあるが「ご飯は日本の心の拠り所。お米が美味しく炊ければ、劇的に食卓が変わるの」と熱を込めて語る。

 ○…3年前から始めた「おむすびワークショップ」は20回を超える。「おむすびがきちんと握れれば、食卓として成り立つ」と、そんな思いから始めた。「包みはラップよりアルミホイルを」、「塩は第一関節、指2本」、全てに意味がある。外国人向けに開催したとき、驚いたのは食べる順番を聞かれたこと。おむすび、味噌汁、漬物、どれが先かは考えたことがなかった。「おかずを食べ、ごはんを食べ、味噌汁を飲み、またご飯に戻る。自然と食べていたけどご飯は食卓のプラットホームね」と明るい笑顔で話す。

 ○…結婚と同時に高津区に。29歳のときに肺の難病を診断された。「階段1段上がるのも辛かった」という。療養中は「超」減塩の食生活。自然と「素材の味」を意識するようになった。思い出したのは夫の故郷、新潟で食べたごはん。「味が全然違う」。受けた衝撃は忘れられない。さらに買い置き、冷凍ができ、無料配達してくれるお米は、療養中で活動が制限される自身にとってありがたかった。

 ○…『おむすび弁当が家族から喜ばれた』『子どもがおむすびを握ってくれた』という声を聞くと「おむすびは人と人を結ぶ役割もある」と実感する。「美味しいごはんやおむすびで楽しく幸せに。そのお手伝いができれば嬉しい」。その思いが縁を結ぶ。
 

高津区版の人物風土記最新6

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

野村 幸平さん

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した

野村 幸平さん

宮前区在住 40歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク