高津区版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める 谷 りりさん 区内在住 52歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

「おむすびで楽しく幸せに」

 ○…日本宅配協会の「ごはんソムリエ」の認定を受け2年。料理家、主婦、消費者の視点でお米の美味しさ、楽しさを広める活動を行っている。おむすびワークショップを始め、生産者や米販売店、行政、企業などとイベント企画やレシピの開発など目覚ましい活躍。食の多様化、ライフスタイルの変化など米の消費量が減少傾向にあるが「ご飯は日本の心の拠り所。お米が美味しく炊ければ、劇的に食卓が変わるの」と熱を込めて語る。

 ○…3年前から始めた「おむすびワークショップ」は20回を超える。「おむすびがきちんと握れれば、食卓として成り立つ」と、そんな思いから始めた。「包みはラップよりアルミホイルを」、「塩は第一関節、指2本」、全てに意味がある。外国人向けに開催したとき、驚いたのは食べる順番を聞かれたこと。おむすび、味噌汁、漬物、どれが先かは考えたことがなかった。「おかずを食べ、ごはんを食べ、味噌汁を飲み、またご飯に戻る。自然と食べていたけどご飯は食卓のプラットホームね」と明るい笑顔で話す。

 ○…結婚と同時に高津区に。29歳のときに肺の難病を診断された。「階段1段上がるのも辛かった」という。療養中は「超」減塩の食生活。自然と「素材の味」を意識するようになった。思い出したのは夫の故郷、新潟で食べたごはん。「味が全然違う」。受けた衝撃は忘れられない。さらに買い置き、冷凍ができ、無料配達してくれるお米は、療養中で活動が制限される自身にとってありがたかった。

 ○…『おむすび弁当が家族から喜ばれた』『子どもがおむすびを握ってくれた』という声を聞くと「おむすびは人と人を結ぶ役割もある」と実感する。「美味しいごはんやおむすびで楽しく幸せに。そのお手伝いができれば嬉しい」。その思いが縁を結ぶ。
 

高津区版の人物風土記最新6

澁谷 直子さん

農業に従事する傍ら、母家を活用したコミュニケーションづくりの場を提供する

澁谷 直子さん

末長在住 45歳

10月18日号

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク