高津区版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる 秋元 英樹さん 溝口在住 49歳

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena

「つながり」信じ、道開く

 ○…大山街道沿いで70年続く酒屋「増屋商店」の三代目。店前での角打イベントの会場提供や今月末に行われる大山街道ふるさと館の体験講座の講師、図書館広場前で開催される飲食イベントの出店など、地域で活動の場を広げている。「一人ではとてもできない。皆さんのイベントに乗っけてもらっているって感じかな」と笑う。イベントや講師の話は、顔見知りの施設職員や娘の小学校時代のPTA仲間から来た話。「声をかけてもらったので出来る限り協力を」そんな気持ちだ。

 ○…酒問屋勤務を経て約3年前に店を引き継いだ。「酒屋が売れる時代ではないため不安はあったけど、やるしかないので」と覚悟を決めたという。商売をして実感するのは「大変だけど気にかけてくれる人はいる」という事。先代からの仕事や自分のつながりを通じ知り合う人から声をかけてもらうことも徐々に増えてきた。「人と人とのつながりを大事にしていけたら」。商売は難しいが手応えも感じつつある。

 ○…生まれも育ちも溝口。地元小学校を卒業し、中学は野球部、高校では陸上部へ。「走るのは嫌い」といいつつ毎日10キロの走り込み、他校との合同練習場所の調整、記録係まで3年間打ち込んだ。酒問屋での会社員時代は営業職でもまれた。父親と同世代の社長相手に雑談や商談をする難しさに「最初は辛かった」と打ち明けるが「向こうも人、こっちも人。つながりの深さだと感じた」。23年間務め、学んだこと。

 ○…妻と2人の娘、近くに母、祖父母と暮らす。

溝口神社の神輿渡御、PTAから始まったソフトボールの参加など顔は広い。「父親も消防団や町会、いろんな所に顔を出して知り合いが多かった」と先代を思い返す。今後も生粋の”高津人”として、人の輪を拡げていく。

高津区版の人物風土記最新6

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

西堀 裕太朗さん

「全国きき酒選手権大会」に神奈川県代表として出場した

西堀 裕太朗さん

千年在住 30歳

11月29日号

KEITAさん(本名:田中 啓太)

溝口エリアのイベント「ノクチ ディスコ」を成功に導いた

KEITAさん(本名:田中 啓太)

二子在住 41歳

11月22日号

瀧澤 純二さん

高津区で活動する草野球チーム「川崎リバース」の監督を務める

瀧澤 純二さん

宮前区在住 71歳

11月15日号

宮部 哲也さん

高津区PTA協議会会長として地元小・中学校の役員サポート等にあたる

宮部 哲也さん

久地在住 44歳

11月8日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク