高津区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

高津区社会福祉協議会の会長に就任した 冨田 誠さん 坂戸在住 71歳

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

「ハッピー」な精神で活動を

 ○…「高齢化社会の中でどう街をつくっていくのか。社会福祉協議会としても求められることが大きくなってくる」と語る。課題の一つに上がるのは地域に関わる人材を確保すること。ニュースで児童虐待や特殊詐欺などの社会問題を見ると「人間関係の希薄化」を思う。「隣近所を気にかけることが減ったのかな。研修などを通じ、活動の必要性を地道に伝えていくしかないよね」と力強く語る。

 ○…30年ほど前から住まうマンションの自治会長を務めている。当時、男性住民同士の交流が少ないことからビアガーデンを計画。模擬店を交え子どもも楽しめる夏祭りを開催した。顔見知りになると、互いに挨拶するように。「少しずつ、いい方向に変わるのが嬉しい。精神的な『ハッピー』があるからやっていられる」と活動の醍醐味を語る。マンションの夏祭りは恒例行事として現在も続いている。

 ○…大田区出身。「いたずらっ子で近所のじいちゃん、ばあちゃんによく怒られた」と懐かしむ。お醤油の貸し借り、近所の人が縫った洋服をもらうなど、「みんなで助けあうのが当たり前だった」という。就職、結婚を経て高津区に。家を購入するときの決め手は「目の前に学校があって、元気が声が聞こえていいなと」。37歳のときに独立して量販店の仲介卸売業者を手掛ける会社を企業。経営者として辣腕を振るった。

 ○…「現場主義」を掲げる。28年前に立ち上げに携わった「いこいの家」のデイサービスに今でもよく足を運ぶ。『デイサービス』という言葉もない時代、横浜の福祉施設を視察し、始めたものだ。「必要とされるものを考え、作り上げていく喜びがある」。現場を見つめ、地域社会の課題に取り組んでいく。

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク