高津区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

市政報告 ICTで加速する市民と行政の情報共有 川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 令和2年第1回定例会における予算審査特別委員会の初日に行った質疑の一部をご紹介します。

 川崎市は既に「かわさきアプリ」をはじめとする様々な情報発信ツールを活用して、多くの市民に行政情報を届けています。その上で今回、行政情報が届きにくいとされる若年層や子育て世代などを考慮し、コミュニケーションアプリである「LINE」の公式アカウントを開設しました。

○特徴

 行政情報を受信する”一方通行”ではなく、市民から「道路公園などの損傷通報」を発信する機能が設けられました。この機能は現在、実証実験中となっています。

○課題

 市民の通報発信は”善意”であり、進捗も見えず感触がつかめません。また位置情報や写真提供ができない。これらは”見える化”機能を含む機能拡充が望まれます。

○答弁

 本機能は「市民の安全安心」につなげるもの。対応状況の見える化や機能拡充の検討を進めることが示されました。

 様々な媒体を駆使して、必要な情報を漏れなく市民へ、そしてタイムリーに提供する取組みは更に進みます。来年度末を目途に”AI”などを活用しチャット形式で質問に回答する機能の追加も予定されています。

 また昨今の災害対応でも、正確な情報共有には様々課題を残しました。今回の公式アカウントでは災害発生時にLINEトーク画面下のメニューが「市防災情報ポータルや各種ハザードマップ、避難所マップへの誘導」など、防災に特化した内容に切り替わるため、災害時の重要な情報を市民が分かりやすく入手できることになります。

 有事の際は誤った情報も多く散見され、更に拡散することで、被害が大きくなることや混乱につながる場合もあります。改めて情報発信元の信頼性に留意して、これを機会に「友だち登録」が未だの方は是非とも登録を。

 その他、「市有地所管区分の適切性」や「市営住宅管理費について」、「教職員働き方改革・仕事の進め方改革」などの質疑を行い、有益な答弁を得ております。現状、本市は課題が山積しておりますが、引き続き皆さまの声を力に、全力を尽くして参ります!

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「緊急経済対策の取組実績」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 62

「緊急経済対策の取組実績」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

9月17日号

市内コロナ病床は逼迫、災害級の対策を

市政報告

市内コロナ病床は逼迫、災害級の対策を

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

9月3日号

疲弊する救急現場

数値でみる川崎と高津 No.77 シリーズ

疲弊する救急現場

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

9月3日号

平瀬川の多摩川合流部の浸水対策住民への丁寧な説明を

市政広告

平瀬川の多摩川合流部の浸水対策住民への丁寧な説明を

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

9月3日号

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

県政報告

「感染爆発から県民の命を守る」緊急申し入れを知事に提出

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

9月3日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載233回

「くにこ」の県庁見聞録

続くコロナの脅威

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook