高津区版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

4月1日付で橘出張所の所長に就任した 高相 強志さん 横浜市在住 56歳

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena

実直に地域と向き合う

 ○…実家は上小田中にあり、子どもの頃はよく影向寺で「土器発掘ごっこ」で遊ぶなど、橘地域には縁がある。総会やイベントで挨拶周りに忙しい時期だが、社会情勢により自粛に。「これからさまざまな面でお世話になるので、少しづつ地域や住民について知っていきたい」と語る。「地域の基盤となるのは自治会、町会。微力ながら活動をサポートしたい」と意気込みを話す。

 ○…小中高校と市内の学校へ進学。「地元に恩返をしたい」と市役所へ入庁。環境局、市民文化局などで計画や条例作りに携わり”本庁”勤めが長かった。幸区の地域振興課に配属されると、住民と一緒に活動することがメインに。会議の日程調整、パンフレット作成、道具揃えなどイベントでは裏方として尽力。「当日の天気にやきもきするのは地域振興課ならでは。自分は地域と関わりあう、こちらの方が好きですね」と笑う。

 ○…生まれは溝口で高津小出身。放課後は友人と緑ヶ丘霊園までクワガタを取りに行くような生き物好きの少年だった。子どもと一緒に卵からふ化させたカメを10年以上飼っている。もちろん自身が”飼育係”。好きなことに対する姿勢は実直。高校から始めたサッカーでは、キーパーとして現在も4つのシニアチームに所属。年間30試合以上に出場する。「団体競技だけど、1人だけ専門職のような。上手くなりたい気持ちが今もある」と、止まない向上心。仲間とつかむ勝利がやりがいと語る。

 ○…居住地域では町内会役員などを務め地域活動に参加する。「あまり社交的ではなくて」と苦笑い。だからこそ「自分のことも知ってもらえるよう話をしていきたい」という。顔を合わせ、これから地域とじっくり関係を築いていく。

高津区版の人物風土記最新6

伊東 理子さん

監督、顧問として男子駅伝部を初の全国大会に導いた

伊東 理子さん

西高津中学校勤務 31歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮前区在住 65歳

11月26日号

友兼 大輔さん

川崎市子ども夢パークの所長を務める

友兼 大輔さん

溝口在住 41歳

11月19日号

山本 詩野さん

減災レシピジッパーの開発に協力した「溝の口減災ガールズ」の代表を務める

山本 詩野さん

久本在住 53歳

11月12日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長に7月に着任した

笠(りゅう) 秀則さん

久本在勤 60歳

11月5日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook