高津区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

久地踏切 住民、児童見守り1年 「開かず」状態、危険視

社会

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
毎朝、踏切前で児童に声掛けする
毎朝、踏切前で児童に声掛けする

 久地駅前にある踏切の前で、毎朝、児童の登校の見守り活動を続けている人がいる。久地在住の野末明美さんと川村亜矢子さんだ。昨年、多摩区で発生した刺傷事件を機に始めた活動だが、「開かず」状態の踏切に別の危険性を感じ、現在も児童の登校を見守る。

 活動のきっかけは昨年5月28日に多摩区で発生した刺傷事件。同日、久地西町自治会の子ども会では、通学路となる久地踏切で見守り活動を実施。このとき、見守り活動に参加した野末さんと川村さんは、踏切前に立っていると「別の危険性を感じた」という。

 野末さんは「下りた遮断機をくぐり抜けて渡る大人見て、真似る子どもたちがいる。非常に危ない状況」と話す。以来、野末さんと川村さんは活動を継続。朝7時30分から8時過ぎまで、学校がある日は、ほぼ毎日踏切前に立つ。

 市によると、久地踏切の最大遮断時間は1時間当たり39分。国交省が定義する「開かずの踏切」ではないが、野末さんは「月曜日や雨の日は電車の遅延が発生しやすく20分以上開かないこともある」と指摘する。そうした場合、二人は久地小学校へ連絡。遮断機により児童が遅れることを伝え、踏切を待つ児童に焦らないよう声をかける。

 市が策定した「南武線駅アクセス向上方策案」によると、久地駅は橋上駅舎化が計画されるが、工期は未定。川村さんは「幸いなことに事故はないけど、ヒヤッとする場面は多い。整備が早く進むといい」と話す。

高津区版のトップニュース最新6

「夏は公共施設で学ぼう」

高津区

「夏は公共施設で学ぼう」 教育

子ども達に環境提供へ

7月10日号

コロナ禍も「上向いて」

区内花火師有志

コロナ禍も「上向いて」 文化

 多摩川で5分間打ち上げ

7月10日号

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク