高津区版 掲載号:2020年10月30日号 エリアトップへ

来年公演のミュージカル「レ・ミゼラブル」にコゼット役で出演する 加藤 梨里香さん 高津区在住 22歳

掲載号:2020年10月30日号

  • LINE
  • hatena

「陽」の雰囲気まとう女優に

 ○…3度目の挑戦にして、来年公演のミュージカル「レ・ミゼラブル」のヒロイン役を勝ち取った。「これまではコゼット役は高嶺の花だった。今回は演出家からのアドバイスを前向きにとらえられた」と自身の成長を実感する。今まで演じたことのない高音域の役への挑戦に、「女優としての幅を広げるチャンス」と胸を高鳴らせる。

 ○…22歳にして役者歴は20年。曾祖母と祖母が事務所に応募し、2歳から子役としての活動をスタートさせた。北海道で撮影したセイコーマートのCMは「旅行気分だった」と楽し気にふりかえる。タップダンスやヒップホップにのめり込み、踊って歌うミュージカルや舞台への出演が夢となった。最初の大きな仕事は17歳で出演した舞台「花より男子」。3000人のオーディションから主演の座を掴んだ。「レミゼ挑戦のきっかけにもなった舞台。演技の糧になっている」

 ○…実家は梨農家。今夏はコロナ禍で仕事が少なかったこともあり、収穫作業の手伝いも。「セレサモスに出荷にもいきましたよ。旬の時季は食卓に梨が並ぶのがうれしい」とおちゃめに笑う。東高津小、高津中出身で、地元の友人とは行きつけの溝口のカフェで仕事の話にふけることも多々。「子どもの頃から応援してくれている。就職して頑張る友達にはいつも刺激をもらえる」と感謝を込める。

 ○…仕事が減った期間も「不安より、力を蓄える充電期間としてじっくりレッスンに取り組めた」と前向きにとらえている。目指すのは舞台にとどまらず、映像など多彩なジャンルで演じられる女優。「見るだけで明るい気持ちになってもらえるような”陽”の雰囲気をまとっていたい」。やわらかな印象の中に、芯の強さを感じた。

高津区版の人物風土記最新6

伊東 理子さん

監督、顧問として男子駅伝部を初の全国大会に導いた

伊東 理子さん

西高津中学校勤務 31歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮前区在住 65歳

11月26日号

友兼 大輔さん

川崎市子ども夢パークの所長を務める

友兼 大輔さん

溝口在住 41歳

11月19日号

山本 詩野さん

減災レシピジッパーの開発に協力した「溝の口減災ガールズ」の代表を務める

山本 詩野さん

久本在住 53歳

11月12日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長に7月に着任した

笠(りゅう) 秀則さん

久本在勤 60歳

11月5日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook