高津区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

コロナ下、行事にひと工夫 下作延小「リモート運動会」

教育

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
他の学年の競技の様子をリモートで視聴しながら応援する児童たち
他の学年の競技の様子をリモートで視聴しながら応援する児童たち

一体感はそのままに

 長引くコロナ禍の影響で、学校行事にも様々な変化が生じる中、小学校の「運動会」については今秋「スポーツフェスティバル」等と名称を変え実施が相次いでいる。

 その殆どは学年ごとに時間をずらして種目を行ったり、開催時間を短縮したりと感染症拡大防止に主眼が置かれているといった印象。そんな中、区内にある下作延小学校(棟居謙校長)では「全校児童が一体となった行事ができないか?」と皆が思案を巡らせ、保護者や教職員も一緒になりイベントをより一層、成功裏に導いたという。果たしてその詳細は―?

競技応援、教室で

 6年生が中心となり「児童が考える運動会」を実践した下作延小学校のスポーツフェスティバル。各競技については、学年ごとに日程をずらして実施するなど、他校同様の方策はそのままに、特長的だったのは「ビデオ視聴(リモート運動会)」を採用した点。

 校庭での競技の場面を教職員が動画で撮影し、その映像を6年生児童の進行で各教室に配信。競技を行っていない児童はそれぞれの教室で他の学年の様子を視聴した。紅白に分かれて得点で競い合ったため、他の学年の熱戦を観戦しながら応援する場面もみられるなど、大きな盛り上がりをみせていた。

 各学年ごとの競技日程を終えた後、全学年の児童の一体感をより醸成する「全体編」も11月2日に行われた。この日は、各教室を会場に一斉競技「缶つみ」を実施。全学年クラスが同じルールとタイミングで空き缶を積み上げていく、というシンプルさも手伝い、各教室からは歓声などが次々と挙がっていた。

 さらにこうした競技の様子を収めた動画については、保護者が編集を担当。クオリティの高い編集技術が好評を博していたのだという。

 棟居校長は、こうした保護者ボランティアに感謝の意を伝えると共に「リモート運動会の肝となる各学年の大会シーンについて見ごたえのある編集により、子ども達の目をわしづかみし大会を成功に導いていただきました。実際行われているかのように反応する児童の姿が、この企画の成功を物語っていました」と振り返っていた。

全体編では各教室で一斉に「缶つみ」を実施
全体編では各教室で一斉に「缶つみ」を実施

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

多摩川で8編の物語

【Web限定記事】 市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

【Web限定記事】

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

下作延で強まる"連帯感"

下作延で強まる"連帯感" 文化

コロナ禍でも「できること」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

「春の開放」2年ぶり

「春の開放」2年ぶり 文化

生田緑地ばら苑 23日まで

5月7日号

グッズ制作で地域連携

川崎競馬

グッズ制作で地域連携 社会

年8回プレゼント

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter