神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2012年2月10日 エリアトップへ

第55回日本学生科学賞で文部科学大臣賞を受賞した市立高津中学校3年生 篠原 梨菜さん 久本在住 15歳

公開:2012年2月10日

  • LINE
  • hatena

「何事にも全力で挑む」

 ○…全国の小中学生を対象とした、伝統のある科学自由研究のコンテストで大きな賞を受賞した。初めての挑戦での快挙に「すばらしい賞をもらってとても嬉しい。秋篠宮ご夫妻の前で報告したり、なかなか得られない貴重な経験ができました」と素直に喜びを表す。もともとは夏休みの自由研究として取り組んでいたが、コンテストの存在を知り、「本格的に挑戦してみたい」と、半年をかけて実験結果をまとめ上げた。

 ○…研究課題は中学入学から続けるバドミントンの部活動から生まれた。『シャトルの羽根はなぜ必要?』という疑問がそのまま実験のタイトルに。シャトルの羽根の役割に関して実験を重ね、羽根の構成がバドミントンの特徴であるコントロール性とスピード感を生み出していることを検証した。研究結果のまとめ方、実験や撮影の協力、プレゼンテーションのアドバイスなどは先生や友達が積極的にサポート。「家でも家族が応援してくれました。自分だけの力では出来なかった。とても感謝しています」

 ○…「優柔不断な性格で、何にでも手を出してしまう」と自己分析するが「だから、様々な経験ができる」と前向きに捉える。さらに「やるなら納得いくまで全力で取り組む」と言い切る。3年生になると、全国的な規模のコンテストに応募する生徒は少ないが、研究発表までの半年間、部活動や受験勉強と平行してやり遂げた。「最後まで出来たという達成感がある」と満足げな表情を浮かべる。

 ○…両親との3人家族。勉強の息抜きには買い物など、友達と外で遊ぶ活発な少女。母親の影響で、村上春樹や夏目漱石、太宰治などの多数の本を読んでおり「将来の夢は作家になること」と瞳を輝かせる。「実は国語が好きで、理数系は得意ではなかった」と苦笑するが、今回の受賞で視野が広がった。「高校生になっても研究をしてみたい。科学への興味を広められる存在になれたら」
 

高津区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

田邊 弘子さん

高津区健康づくりのつどいを主催する「元気な高津をつくる会」会長を務める

田邊 弘子さん

北見方在住 67歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

遠藤 勝太郎さん

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する

遠藤 勝太郎さん

子母口在住 78歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook