高津区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

「高津区認知症連携を進める会」主宰者の一人で、啓発オンライン講座を開催している 中根 一(まこと)さん 二子在勤 59歳

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

「今」を大事に過ごして

 ○…昨年12月に行ったオンライン講座は約80人が参加。見逃した人たちの要望に応え、再配信が決まった。実際の講座だと当事者しか来ないことが多いというが、認知症の知識はその家族や若い人にも備えてほしいこと。「オンラインで行うことで、幅広い人に参加してもらえた」と振り返る。ネット配信の強みを実感し、今後の開催にも前向きな姿勢をみせる。

 ○…帝京大学溝口病院脳神経外科の教授。2006年からもの忘れ外来を開設し、認知症患者を診てきた。「認知症は地域でどう診ていくかが重要。一つの方向性を持たなければいけない」。そんな思いから、医師やケアマネージャー、薬剤師などさまざまな職種が集まる「高津区認知症連携を進める会」を仲間と立ち上げた。「毎年決めていることは、活動を行う中で『何かを残したい』ということ。講座でも冊子でも、何かしら患者さんのためになることをしたい」と話す。

 ○…愛知県出身。未だ解明されていないことが多い「脳」の分野に興味を持ち、脳神経外科に進んだ。認知症患者や家族には「うまくやってね」と声をかける。「厳格にやると疲れちゃう。基本的には加齢によるものだからある意味順当なこと。難しいことだけど、そうしないと破綻してしまう」。双方に寄り添う姿がうかがえる。「先のことが不安になることもあると思うけど、今を大事に過ごしてほしい」

 ○…時間があるときは病院近くの二ヶ領用水沿いを散策する。多忙な日々を過ごす中での、安らぎを感じる大切なひとときだ。出張講座で区内をまわったこともあり、街に愛着も感じている。「高津区はまだまだ知らないところもあるし、面白い街。医師として少しでも地域に還元できれば」と思いを語った。

高津区版の人物風土記最新6

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

佐藤 健一さん

高津区子ども会連合会橘地区の会長を務める

佐藤 健一さん

千年新町在住 63歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter