高津区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

上作延老人会 最勝会の会長を務める 籾山 次郎さん 向ヶ丘在住 81歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

示した「新たな方向性」

 ○…上作延エリアの老人会のリーダーに就いて3年目。「高津区内の老人会会長の中では、若輩者なので…」と謙遜するが、年度を通して「ジオラマ制作」「冊子づくり」という、コロナ下における新たな活動の方向性を2つ示してみせた。

 ○…ジオラマについては自身、現役の頃に「景観」をテーマとした研究機関の事務職に就いていた事もあり「いずれやってみたいと思っていたんですよ」とニッコリ。茶話会やカラオケ、バス旅行といったこれまでの老人会の企画とは趣が異なる方向性を打ち出したが「皆で意見を出し合い、一から作り上げるのは楽しかったですよ」とも。同時進行となった「冊子づくり」と共に、決められた年度予算の中でベストともいえる結果を出せた点については誇らしげな一方、スケジュール管理については「ヒヤヒヤものでした」と苦笑い。

 ○…昨年度当初、2つの取組みを矢継ぎ早に表明してしまったため、同じ会に属する奥さんからも「絶対間に合わないわよ」と窘められてしまったのだとか。それでも持ち前のフットワークの軽さを活かし、両プロジェクトをどうにか完遂にまで漕ぎつけさせた。3月(年度末)のスケジュール帳に細かくびっしりと書込まれた時間刻みの予定の数が、超が付くほど多忙だったであろう激動の日々を物語っていた。

 ○…人と交わる事を何より好み、夫婦で近所の公園で始めたラジオ体操は4年半の時を経て、連日20〜30人が集うちょっとした風物詩に。コロナ禍に見舞われる前までは、この自前のコミュニティでもカラオケなど様々なお楽しみイベントも企画していたのだとか。80歳を過ぎても最愛の伴侶とともに日常を謳歌するその姿勢は、一人のシニアとして生き様の方向性を、指し示す―。

高津区版の人物風土記最新6

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

籾山 次郎さん

上作延老人会 最勝会の会長を務める

籾山 次郎さん

向ヶ丘在住 81歳

5月7日号

創業80周年記念キャンペーン中

【平日限定】七五三や家族写真等の記念撮影をお会計時に10%OFF!

044-822-3466

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter