高津区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた 加藤 健太さん 宇奈根勤務 29歳

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

「『楽』は楽しい訳じゃない」

 ○…宇奈根にある「カワサキ・スイミングクラブ」に所属するメンバーで構成される水球チーム「コンバット」を率いて8年。今春、千葉県で行われたジュニアオリンピック水球競技(中学生区分)で優勝に導いた。全国制覇はチーム22年ぶり。コロナ下、満足のいく練習ができない逆境を跳ね除けた選手達に「本当に誇りに思いますよ」と最大限の敬意を払う。

 ○…自身も同クラブに通い、小学2年生の頃から水球の道へ。「プールでやるドッジボールみたいなもの」との誘い文句に惹かれたが「それは嘘でしたね」と苦笑い。それでも水面下で相手選手と激しくコンタクトする事も珍しくない競技の特性に魅せられ瞬く間に上達。「コンバット」の小学生区分で全国優勝を果たし、中学2年生時には準Vの立役者に。さらに県外の強豪高校に進学後はインターハイ等で活躍し18歳以下の日本代表選手としてアジア大会へも出場を果たすなど、国内トップレベルの選手へと上り詰めた。

 ○…だが、大学進学後はそれまで「何より最優先」だった水球の位置付けが下がり「いつしか『楽しむ水球』に慣れてしまいましたね」とポツリ。それでも十分、成績は残したものの「楽なのが楽しい訳じゃない」という事を痛感したのだとか。「結局(水球は)辛くても楽しいですから」と求道者の矜持を語る。

 ○…辛さと楽しさの両面から競技を知り尽くしているからこそ、指導者としては「柔軟」といった印象。現役当時の人脈で、積極的に他クラブの流儀を取り入れた事も、今回の快挙の要因の一つになったのだとか。また県内に一つもなかった高校の水球部新設にも尽力するなど影響力は多岐に及ぶ。今後も新しい潮流を生み出すその双肩に、かかる期待は大きい―。

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

高津区版の人物風土記最新6

五十嵐 崇さん

「ものづくり」を通じて町工場の魅力を地域に発信し続けている

五十嵐 崇さん

久地勤務 52歳

6月18日号

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

今年で10回目を迎えた地域の人気企画「俳句で里山体験」を主宰する

たむら 葉さん(本名 田村 ゆき子)

下作延在住 75歳

6月11日号

鈴木 章弘さん

NPO法人 高津総合型スポーツクラブSELFの事務局長を務める

鈴木 章弘さん

久本勤務 47歳

6月4日号

納米(のうまい) 恵美子さん

川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に着任した

納米(のうまい) 恵美子さん

溝口在住 67歳

5月28日号

加藤 拓也さん

PTA運営の効率化ツールなどを展開するNPO法人「ハピタ」代表を務める

加藤 拓也さん

久本在住 47歳

5月21日号

加藤 健太さん

指導にあたる水球チームを全国制覇に導いた

加藤 健太さん

宇奈根勤務 29歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter