高津区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 明石 洋子さん 幸区在住 75歳

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

息子の笑顔のため、走る

 ○...今年度を最後に代表を退く。長年取り組んできた自閉症への理解を深める地域活動には一定の手応えを感じている。言葉による指示が通じにくいなどの特徴がある自閉症の息子と実践してきた「本人の意思を尊重する子育て論」は、たびたびメディアで紹介され、著書も多数執筆している。60代で受賞した厚生労働大臣賞が「一番感激した」と語る。

 ○...わが子が重度の自閉症と診断された時は29歳だった。水やトイレに執着がある息子は幼少時、近所の家に勝手に入ってはトイレの水を流して回るため何軒も謝って事情を説明。「これはもう取扱説明書を書いて渡そう」と思い付き、手紙を配って歩いたのが懐かしい。その後、息子が高校進学やごみ収集車に乗って働くことを意思表示するたび、二人三脚で受験勉強に励んだ。定時制高校入学、公務員試験合格など親子の努力は実り、現在は夢見ヶ崎動物公園の職員として働く。

 ○...学生時代を福岡で過ごし、九州大学薬学部を首席で卒業するほど成績優秀だった。高校の同級生だった夫との結婚を機に川崎へ。当時の自分を「学歴主義で、子どもも偏差値の高い学校に入れるべきと考えていた」と振り返る。息子の診断に絶望した時もあったが、前向きな行動力を発揮。障害者支援のボランティアを通して当事者の気持ちを学び、社会福祉法人を立ち上げ、地域で自閉症の人の居場所づくりに励んだ。

 ○...「息子のおかげで視野が広くなった。価値観も変わり、人という財産をもらった」と半生を振り返る。原動力はわが子の笑顔。今後は、自閉症の人が親亡き後にも望む暮らしができることを目指す。「法律の整備なども必要。障害者本人が地域で笑って過ごせるよう、社会を変えたい」

高津区版の人物風土記最新6

田原 田鶴子さん

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮前区在住 65歳

11月26日号

友兼 大輔さん

川崎市子ども夢パークの所長を務める

友兼 大輔さん

溝口在住 41歳

11月19日号

山本 詩野さん

減災レシピジッパーの開発に協力した「溝の口減災ガールズ」の代表を務める

山本 詩野さん

久本在住 53歳

11月12日号

笠(りゅう) 秀則さん

川崎北税務署の署長に7月に着任した

笠(りゅう) 秀則さん

久本在勤 60歳

11月5日号

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook