神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

フリスビーでドッジボール形式のゲームを行う「ドッヂビー」の普及に尽力する 稲垣 敬雄さん 久本在住 60歳 

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

競技普及へ、一歩一歩

 ○…ウレタン心材をナイロンの布で包んだ柔らかいフライングディスクを使用した競技の総称「ドッヂビー」。その普及を担う「日本ドッヂビー協会」の事務局長を務める。活動は主に子ども達への指導など。「楽しさを分かりやすく具現化している点が特長」と魅力を笑顔で話す。

 ○…川崎市内では、協会の要職に就いているメンバーも多く在籍しており、ドッヂビーの普及が進んでいる様子。「他の区でも普及を図っていきたいですね」とさらなる高みを目指す。一方、市や区での大会などを実現、成功させるには行政との連絡調整が必要、と痛感。「行政の括りではやりにくい、例えば沿線単位での大会やイベントなども同時並行で行うことができれば、深さと広さの両立を図ることができると考えています」とビジョンを語る。「その実現には、各地域で核となってくれる協力者の存在なくしては困難ですので、やはり人探しが重要ですね」とも。

 ○…昨年までは代表理事で、事務局長を兼務していたため、自らが作業しながら判断する状況だったのだとか。何をするにせよ決断即、決定事項だったため「結果へのコミットに対する重責はある反面、自己のペースで進めることができました。今は周囲とのペース・タイミングや、向かう方向性などをすり合わせて進めていくことが重要であると感じていますが、これがなかなか難しいですね」と苦笑い。

 ○…ドッヂビー普及のカギを握るリーダーとして、常に心掛けているのは「失敗を恐れず、前に進むこと」。そして「失敗した時には誠意をもってお詫びをする。そして修正・訂正をして、また前に進む」がモットー。向上余地も大きい競技の発展に向けて、試行錯誤の日々が、続く―。

高津区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

田邊 弘子さん

高津区健康づくりのつどいを主催する「元気な高津をつくる会」会長を務める

田邊 弘子さん

北見方在住 67歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

遠藤 勝太郎さん

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する

遠藤 勝太郎さん

子母口在住 78歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook