多摩区版 掲載号:2016年1月29日号
  • googleplus
  • LINE

菅地区 自販機新設で防犯カメラ 防火協会が働きかけ

社会

上部に防火防犯カメラが設置された自動販売機と導入に貢献した各メンバー
上部に防火防犯カメラが設置された自動販売機と導入に貢献した各メンバー
 自動販売機の新設に合わせて防火防犯カメラを設置――。こんな仕組みを活用し、多摩区菅地区に防火防犯カメラが21日、設置された。多摩防火協会が大手飲料メーカーのダイドードリンコ株式会社の社会貢献の取り組みを菅町会に紹介し、実現した。

 「防火防犯カメラの犯罪抑止の効果を感じているが、設置にかかるコストがネック。今回、多摩防火協会の働きかけがあり、無償でカメラを設置できると知り、町会の安全・安心のため、台数を増やせればいいと思った」と話すのは、菅町会の濃沼健夫会長。

 防火防犯カメラの設置費用や電気代などの維持費は同社が新設した自動販売機の売り上げで賄う仕組み。同様の仕組みで宮前区内や相模原市内で導入したケースがある。多摩区内では初めてという。

 防犯カメラが設置されたのは菅北浦2丁目。付近は農園と住宅地があり、昼間は学生が行き交うが夜間になると人通りが少なくなるという。記録された映像は、住民のプライバシーに配慮するため、警察からの要請がなければ、見ることができない仕組みになっている。

 多摩消防署の並木努署長は「防火防犯カメラの犯罪抑止効果は皆さんに認識されている。これまで町会や自治会が単独でカメラを導入しているケースもあるが、今回のように防火協会が呼びかけることで大きな効果になることを期待している」と話す。

 多摩防火協会の川崎善太郎会長は「菅町会にとどまらず、無償のカメラの設置が増え、少しでも放火火災が減ればいい。これからも協会ができることはまだまだあるので、区民の皆様の安全・安心に寄与するため、様々な事業に取り組んでいきたい」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6件

初の「川崎ワイン」完成

農業生産法人カルナエスト

初の「川崎ワイン」完成

8月17日号

生田地区にヒーロー誕生

「街知って」大家さん仕掛け

新城溝口

「街知って」大家さん仕掛け

8月10日号

収支額、約2億円黒字に

市一般会計決算見込み

収支額、約2億円黒字に

8月10日号

不登校対策、夏に注力

川崎市

不登校対策、夏に注力

8月3日号

遊園跡地にハブ機能

小田急電鉄

遊園跡地にハブ機能

8月3日号

「バンバンなら私もいける!」

新台入替8月13日9時10分オープン!最新機種、続々登場!新台は16時~予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

臨港部の夏フェス 今年も

臨港部の夏フェス 今年も

ベイキャンプ 9月に開催

9月8日~9月9日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク