多摩区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

かるた遊びで囲碁知ろう 「タマ碁の会」が独自製作

文化

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
先月完成した「イゴカルタ」を手にする深澤会長(左)と小野澤さん
先月完成した「イゴカルタ」を手にする深澤会長(左)と小野澤さん

 囲碁のルールや用語に親しんでもらおうと、子ども向けのオリジナルかるたを市民グループ「タマ碁(ご)の会」(深澤孝文会長)が製作。4月末に完成した300セットのうち約半数は、多摩区内のこども文化センターや公立小学校内「わくわくプラザ」に来月寄贈される予定だ。

 子どもたちに囲碁への関心を持ってもらい、素直に受け入れられるきっかけをつくりたい――。そんな思いで、会長の深澤さん(72)=菅仙谷=と小野澤伸さん(66)=菅=らが、囲碁を題材にした「イゴカルタ」作りに着手。44種類の囲碁用語を選び、それぞれの意味をかるたの読み札とイラスト入り絵札で表現している。絵札の裏面には実際の碁石の配置と解説文が加えられ、日本棋院棋士二段の関達也氏の監修を受けて完成した。

 「誰でも抵抗なくできるようデザインを工夫した。囲碁は難しい、分かりにくいイメージが先行しているが、面白いルールを教えるとみんな夢中になる。そのきっかけになれば」と小野澤さんは手応えを語る。タマ碁の会は、菅と南菅の老人いこいの家で活動する囲碁部の有志メンバーら十数人が母体。「囲碁普及お手伝い員」と称したメンバーが地元施設や集会所などに赴き、イゴカルタを使った多世代交流にも一役買いたい考えだ。「同じ建物内にあるこども文化センターと老人いこいの家で、利用者同士がイゴカルタを使って遊べれは、お互いの関係づくりになるはず」と深澤会長は期待を込める。

 かるたは6月上旬、区内のこども文化センター8カ所とわくわくプラザ14カ所に寄贈。今後は幼稚園や保育園、小学校なども視野に入れるという。同会ではウェブサイト運営も予定。連絡はメール(【メール】shiny-822@vanilla.ocn.ne.jp)。

色とりどりに仕上がった、44枚ずつの絵札と読み札
色とりどりに仕上がった、44枚ずつの絵札と読み札

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク