多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

リュウゼツラン 宿河原、栗谷2軒で開花へ

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
窪田さん親子=7月23日
窪田さん親子=7月23日

 開花までに30〜50年かかると言われているメキシコ原産の植物「リュウゼツラン」。宿河原と栗谷の区内2カ所でぐんぐんと茎を伸ばし、つぼみが膨らみを増している。

 東名高速道路近くの窪田潤一さん(68・宿河原6の17の14)宅では、5月中旬から茎が伸びてきたという。毎日10センチほど伸び続け、7月23日時点で約6メートルの高さに成長。涼しい朝方には、近隣住民も様子を見に来る。

 このリュウゼツランは、庭仕事が好きな父親の政治さん(99)が植えたもの。潤一さんは「自分が高校生の時にはあったから、50年以上前のことだと思う」と語る。政治さんは「こんなに立派になるとは。長生きしたおかげで見られた」と開花を待ち望んでいた。

 栗谷では、高橋邦夫さん(68・栗谷2の13の2)宅の畑では先月中旬から茎が伸び始め、7月19日時点で開花目前といった様子。高橋さんは「祖父が植えたのでは。少なくとも50年以上、70〜80年経っているかもしれない」と話す。

 向かいに住む竹内卓さん(84)と妻の幸子さん(78)も成長を見守る。「昔ドライフラワーを生け花に使ったことがある。実際に見るのは初めて」と幸子さん。近所に住む中村龍一郎さん(74)は「大きいサボテンかと思っていた。こんな風になるとは」と話していた。

 リュウゼツランは開花すると、黄色い雄しべが現れ、その後は枯れてしまうという。成長が非常に遅いことから、「センチュリープラント」(世紀の植物)との別称もある。

高橋さん宅前で竹内さん夫妻と中村さん(右)=7月18日
高橋さん宅前で竹内さん夫妻と中村さん(右)=7月18日

多摩区版のローカルニュース最新6

「実効性ある条例を」

反ヘイト市民団体

「実効性ある条例を」 社会

市議会議長に意見書提出

6月21日号

初の地元公演「芸術身近に」

こんにゃく座

初の地元公演「芸術身近に」 文化

西法人会、たまこみ協力で

6月21日号

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

中野島に「蝶博士」

ウェブで図鑑公開

中野島に「蝶博士」 社会

6月21日号

梅雨晴れ、盛況に

梅雨晴れ、盛況に 文化

「川崎のあじさいまつり」

6月21日号

29日にプール開き

よみうりランド

29日にプール開き 文化

社員シンクロは13年目

6月21日号

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで 社会

7月7日 水辺交流会

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで

7月7日 水辺交流会

7月7日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク