多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

リュウゼツラン 宿河原、栗谷2軒で開花へ

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
窪田さん親子=7月23日
窪田さん親子=7月23日

 開花までに30〜50年かかると言われているメキシコ原産の植物「リュウゼツラン」。宿河原と栗谷の区内2カ所でぐんぐんと茎を伸ばし、つぼみが膨らみを増している。

 東名高速道路近くの窪田潤一さん(68・宿河原6の17の14)宅では、5月中旬から茎が伸びてきたという。毎日10センチほど伸び続け、7月23日時点で約6メートルの高さに成長。涼しい朝方には、近隣住民も様子を見に来る。

 このリュウゼツランは、庭仕事が好きな父親の政治さん(99)が植えたもの。潤一さんは「自分が高校生の時にはあったから、50年以上前のことだと思う」と語る。政治さんは「こんなに立派になるとは。長生きしたおかげで見られた」と開花を待ち望んでいた。

 栗谷では、高橋邦夫さん(68・栗谷2の13の2)宅の畑では先月中旬から茎が伸び始め、7月19日時点で開花目前といった様子。高橋さんは「祖父が植えたのでは。少なくとも50年以上、70〜80年経っているかもしれない」と話す。

 向かいに住む竹内卓さん(84)と妻の幸子さん(78)も成長を見守る。「昔ドライフラワーを生け花に使ったことがある。実際に見るのは初めて」と幸子さん。近所に住む中村龍一郎さん(74)は「大きいサボテンかと思っていた。こんな風になるとは」と話していた。

 リュウゼツランは開花すると、黄色い雄しべが現れ、その後は枯れてしまうという。成長が非常に遅いことから、「センチュリープラント」(世紀の植物)との別称もある。

高橋さん宅前で竹内さん夫妻と中村さん(右)=7月18日
高橋さん宅前で竹内さん夫妻と中村さん(右)=7月18日

多摩区版のローカルニュース最新6

小1準備知る講座

小1準備知る講座 教育

市民館

5月7日号

手話や映像充実の興行へ

手話や映像充実の興行へ 社会

HEAT-UP 市ブランド事業

5月7日号

開館10年で400万人

藤子ミュージアム

開館10年で400万人 文化

5月7日号

登戸・遊園市民意見を

登戸・遊園市民意見を 社会

ビジョン案

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

職場環境改善を支援

職場環境改善を支援 経済

市、30万円まで補助金

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter