中原区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

不況が生んだ端材ギフト

選ばれた製品を手にする福本代表
選ばれた製品を手にする福本代表

 ものづくり都市として川崎の魅力をPRすることを目的に、市内中小企業によって開発される「かわさきデザインギフト」に新たに4製品が認定された。

 区内からは(有)姿栄工業(福本勇代表取締役)のステンレス製の一輪挿しとオブジェの2製品が選ばれた。

福本代表は「選ばれるとは思わなかった。約10年前に不況の影響から時間をもてあまし、金属の端材で花びんを作ったのが始まりだった。こういった形になって嬉しい」と思いを語った。
 

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク