中原区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

楽しんでくれることがやりがいに 日舞・扇乃会 花柳錦右さん

文化

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena
高齢者施設で踊る花柳さん
高齢者施設で踊る花柳さん

 中原区を中心にさまざまな場所で踊りを披露している『日舞・扇乃会』。会主である花柳錦右さんは昭和19年生まれの71歳で、現在も自身の公演のほか、弟子の稽古、中原区文化協会会長としての活動など、忙しい日々を送る。なかでも、力を入れているのが高齢者介護施設などで踊る慰問活動だ。「頼まれればどこへでも行く」をモットーに、地域の施設などをボランティアで訪問する。中原区はもちろん、川崎市、横浜市、東京都、遠くは富士山近くの施設まで出向いたこともあるそう。中原区内の施設には毎週通っている施設もあり「入居者の方が待っていてくれるのが嬉しい。踊りを一緒に楽しんでくれるから、その気持ちが私たちの力になっていますね」と微笑む。

 現在は週に3日くらいのペースで弟子とともに施設へ出向いている。『ひなまつり』『ズンドコ節』『東京音頭』などを、会場に集まった人たちと一緒に踊る。新年や年度末の3月、敬老の日の前後は依頼が多くなるという。今でも元気に活動ができるのは「よく食べて、よく踊ること。無理しないでやるのがいいんです」とにっこり。花柳さんは「日本舞踊を通して社会貢献する」ことが信条。「これからもたくさんの場所でたくさん踊って、多くの人に日本舞踊を見てもらいたいですね」

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter