中原区版 掲載号:2016年3月11日号 エリアトップへ

川崎市直下の地震、中原区の死者は約150人 M7・3の想定で── 市地震被害想定調査

社会

掲載号:2016年3月11日号

  • LINE
  • hatena

 「30年以内に約70%の確率で発生する」とされるマグニチュード7クラスの首都直下地震。もしそれが川崎市直下で発生したら…。

 川崎市の地震被害想定調査によると、阪神・淡路大震災と同等のマグニチュード7・3の地震が川崎市直下で発生した場合、市内のほとんどの地域で震度6弱以上の揺れになると想定されている。また、中原区の多くの地域は震度6強になると見込まれている。震度6強とは、耐震性の低い木造建物は傾いたり倒れたりするほか、大きな地割れや地滑りが発生する可能性もあるというレベルだ。

 仮に、この川崎市直下の地震が冬場の午後6時に発生した場合、中原区内の被害想定は、出火が約50件(市全体で約240件)、死者が約150人(同約820人)、負傷者が約3000人(同1万6000人)に上るという。

「まずは自分の命を守る」

 もし、地震が起きたらどう行動すればよいか―。最優先は「自分の身を守ること」。状況により行動するポイントは異なるが、例えば、家の中ではテーブルの下などに入り頭部を守る、街頭では落下物に注意する、エレベーター内では全階のボタンを押し降りる、など。また、中原区にも多い高層マンションは、長周期地震動の場合、高層階ほど揺れが大きくなる。その際、玄関やサッシの開閉ができなくなるなど特有のリスクも心得ておきたい。

「いつか来る」、その時への備えを

 「大地震は必ず来る」と思い、家庭での備えが必要だ。災害時には最低3日間生活できる用意が大切。例えば、飲料水は1人あたり1日3リットル、食料は日持ちするもの、乳幼児がいる家庭はミルクなどの備えもほしい。カセットコンロや寝袋など、ライフラインに頼らない生活用品もあると安心だろう。川崎市では「備える。かわさき」という災害対策の冊子を毎年9月に更新し発行している。区役所等で入手できるので、この機会に再確認を。

 問合せは中原区役所危機管理室【電話】044・744・3141へ。

中原区版のローカルニュース最新6

区内の犯罪発生状況

【Web限定記事】中原警察署

区内の犯罪発生状況 社会

10月12日から18日

10月23日号

頑固ながんに挑み続ける

頑固ながんに挑み続ける 社会

苅宿在住 出木谷潤子さん

10月23日号

ランドセル47点寄贈

区内小学校

ランドセル47点寄贈 社会

外国につながる子へ

10月23日号

親子で楽しむおはなし会

親子で楽しむおはなし会 社会

24日、オンラインで

10月23日号

寺子屋なかちゅう、開講

寺子屋なかちゅう、開講 社会

中学生対象 区内2校目

10月23日号

献血呼びかけに58人

献血呼びかけに58人 社会

川崎中原ライオンズクラブ

10月23日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク