中原区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

横須賀線武蔵小杉駅 ホーム、改札口を新設 市・JR、混雑緩和へ

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市とJR東日本横浜支社は7月17日、JR横須賀線武蔵小杉駅のホームと改札口を新設すると発表した。ホームや駅構内連絡通路などの混雑緩和対策が目的で、2023年の供用開始をめざす。

 横須賀線ホームは現在、上りと下りが一つのホームで発着しており、通勤ラッシュ時などはホームの混雑が激しく、危険が指摘されていた。今回の計画では現ホームを上り専用にし、下り専用ホームを新たに設置(2面2線化)する。同支社担当者は「上下線のホームを分けることでスペースを確保し、安全性を保ちたい」と話す。

 市は、駅構内と駅周辺の歩行者の分散化による混雑緩和と南武線北側からのアクセス向上を図るため、横須賀線ホームの東京方面側に新たな改札口を設置する。新改札口の供用開始は、下りホームの供用後としているが、工期の短縮を進め早期の供用開始をめざしたいとしている。

 新改札口の設置費は南武線や東急線からの導線を作るという街づくりの観点から、川崎市が負担する。新ホームを設置する土地の買収など、ホーム新設にかかる事業費はJR東日本が負担する。

 中原区の7月1日現在の人口は25万7975人で、大規模開発が始まった12年前と比べ4万6千人ほど増加した。JR南武線と横須賀線を合わせた武蔵小杉駅の一日あたりの乗降者数は25万9千人になり、ホームの混雑は激しい。

 同支社担当者は「これまでホームのベンチや自動販売機の撤去に加え、新南改札の設置などを実施したことで、一定の効果は現れている」と話す。しかし、現状はホームから人が溢れている時間もあることから、今回の計画によってさらに混雑緩和を図りたいとしている。

混雑する横須賀線ホーム
混雑する横須賀線ホーム

中原区版のトップニュース最新6

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

橘、女子初V

県高校駅伝

橘、女子初V スポーツ

5年間の思いつなぐ

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク