神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2019年7月5日 エリアトップへ

シニア向けスマホアプリ 「楽天シニア」中原で始動 健康寿命延伸などに一役

社会

公開:2019年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
誰でも使いやすいようにシンプルな設計となっている
誰でも使いやすいようにシンプルな設計となっている

「ポイント」励みに

 世田谷区に本社を構える楽天株式会社が、シニア世代の健康増進をサポートするスマートフォンアプリを開発。先月から中原区など市内3区でサービスの提供を開始した。

 「楽天シニア」と呼ばれるこの無料アプリには歩数計機能が備わっており、利用者がスマホ片手に1日の目標歩数(4千歩)を達成すれば、あらかじめ設けられている登録施設の専用端末にQRコードをかざすことで同社の「楽天スーパーポイント」が貯まる仕組み。

 当初は中原区のほか、高津区、幸区にある計12ヵ所(下表)に、専用端末がありスポットは順次拡充する予定。健康寿命の延伸サポートなどを目的に1年以上かけてアプリを開発した担当者は「具体的な目的地を設定し、そこを訪問することでポイントがもらえるというインセンティブ(報奨)が、日々のウォーキングの励みになれば」と、その趣旨を説明している。

 またアプリには「知る」「運動」「遊ぶ」など目的別に分類されたカテゴリーがあり、地元エリアで開催される講座やワークショップ、体験教室、コンサートの情報などを掲載。有料イベントの場合、アプリを経由して申し込めば参加費用の1%が前出のポイントで還元される機能や、予約した催しを画面上の「参加予定」のタブに表示させスケジュール管理を容易にする機能も備えている。

今後普及に期待

 もうすぐサービス開始から1カ月。専用の端末を設置している「ムサシボウル」(高津区)では、支配人の下村光夫さんが「まだまだこれからといったところですね」と話すように、シニアのライフスタイルに普及・定着するためには、総じてまだ時間を要する様相。しかし高い可能性を秘めた新機軸に「今後も地域とシニアをつなげる仕組みの一つとして、活用の方向性を模索していければ」と、展望を語っていた。

アプリダウンロード用QRコード
アプリダウンロード用QRコード

中原区版のローカルニュース最新6

5年ぶり有観客で開催

民俗芸能発表会

5年ぶり有観客で開催

 4月21日 10団体が出演

4月17日

「川崎の町名」改訂版発行

「川崎の町名」改訂版発行

地域最新の歴史も紹介

4月16日

3政令市議で連絡会設立

立憲民主党

3政令市議で連絡会設立

 都市問題解決に向けて

4月13日

誘客拡大のヒント探る

川崎商議所

誘客拡大のヒント探る

ビジネスリーダーが意見交換

4月12日

小学生14人を指導員に

中原警察署

小学生14人を指導員に

交通安全啓発に期待

4月12日

「飼育の日」にイベント

 夢見ヶ崎動物公園

「飼育の日」にイベント

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook