中原区版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

織戸組が日赤へ寄付 献血促進に尽力

社会

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena
献血を推進する織戸社長
献血を推進する織戸社長

 (株)織戸組(織戸一郎社長)は6月3日、日本赤十字社神奈川県支部に3千万円を寄付した。同支部は感謝状を贈呈し、寄付金で県赤十字血液センターの献血バスを配備する意向を示している。

 織戸組は区内田尻町に本社を構え、砕石業や建設業などを手掛ける創業97年の企業。「交通事故でけがをした人などの助けになりたい」との思いから献血活動をはじめ、日赤への寄付はこれまでに計4回、1億円にのぼる。織戸社長は「献血は大きな社会貢献。若い人にも参加し、継続してもらいたい。今後も献血活動を支援していく」と思いを語る。

 赤十字社で神奈川県支部長を務める黒岩祐治県知事は「多額のご支援に感謝申し上げる。輸血を必要とする方のために、安全安心な血液の確保に努めて参りたい」と謝辞を示した。

黒岩知事(右)から感謝状を受け取る織戸社長
黒岩知事(右)から感謝状を受け取る織戸社長

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook