中原区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

こすぎコアパーク 市と東急 整備へ協定 飲食店新設、来夏完成めど

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
整備後の予定図=市提供
整備後の予定図=市提供

 川崎市は8月3日、武蔵小杉駅南口前の広場「こすぎコアパーク」と周辺の魅力を高めるため、広場を整備する協定を東急株式会社と結んだ。来夏完成予定で、飲食店などを設置し駅との回遊性も高める。

 オープンスペースがあり地域主体のイベントが定期的に開催されるなど、近隣住民の交流の場として利用されている同広場。南側にはテラス席を備えた2階建ての飲食施設、北側には木造の食物販店が並ぶ予定。現在、高架下に設置しているフェンスや植栽帯を撤去して通路にすることで、駅との行き来がしやすくなる。

 同広場は以前から、休憩スペースが少なく通過のみに利用される場合が多いことから、イベント時以外の活用が不十分なことが問題視されていた。また、高架下は同広場からの死角にあり、ごみのポイ捨てが散見されるという課題も抱える。

 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントや地元商店街などで構成する「コアパーク管理運営協議会」は昨年2月、市に対し同広場とその周辺を整備するよう求める要望書を提出。市はこれを受けて東急と協議を進め、同年8月に覚書を結んだ。当初は今夏を完成予定としていたが、市担当者によるとオリンピック競技施設などの建設により資材が調達できなかったことや新型コロナの流行により工事が始められなかったという。目途がついたため今年9月に着工予定。

 協同組合武蔵小杉商店街の大野省吾理事長は「コロナの状況も気になるが、新しいこすぎコアパークでイベントができる日を心待ちにしている」と話す。

中原区版のトップニュース最新6

被災の歴史、後世へ

市民ミュージアム

被災の歴史、後世へ 文化

市、新施設の「考え方」示す

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

「室内プール」で復活へ

等々力緑地再編整備

「室内プール」で復活へ 教育

ストリート系専用広場も

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

初の関東で実力示す

サッカーAC等々力

初の関東で実力示す スポーツ

「史上最強」でリーグ昇格も

11月19日号

CO2濃度、影響を検証

平間小

CO2濃度、影響を検証 社会

3者連携で実証実験

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook