中原区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

「時計簿(じけいぼ)」で幸福人生を 元川崎支局記者が出版

文化

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする小池さん
著書を手にする小池さん

 長時間労働の見直しなど働き方改革が叫ばれる中、共同通信の小池真一さん(56)が『40代からの「時計簿(じけいぼ)」革命 多忙という無駄からの脱却』(さくら舎)を出版した。小池さんは、1994年から97年まで川崎支局に在籍していた。

 20年近く記者として連日深夜0時過ぎまで仕事をし、不規則な食生活から血圧が200を超えるようになった小池さん。「このままでは急死する危険さえある」と医師からたしなめられ、生活を見直し、時間を家計簿のように記し続ける「時計簿」を編み出した。時計簿を続けることで人生が楽しくなり、生き方を把握することができるという。

 同書はおしゃべりのようなお金を必要としない「真水時間」が幸福時間につながると説く。その上で著名人のインタビューから幸福時間の生き方を探り、時計簿の書き方を解説する。

 1500円税別。市内主要書店で販売中。

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook